【レビュー】Knowles社製BAドライバー採用 完全ワイヤレスイヤホン『BRAGI The Headphone』を試す

ご覧頂きありがとうございます。REV(@forREV)です。(´・ω・`)

ちょっとバタバタしていたので久しぶりの更新になってしまいました。

今までと記事の雰囲気が大分違いますが、しばらくはこの様な感じで書いていきたいと思っておりますので皆様よろしくお願い致します。

また今回から文中に『REVくん』と『おじさん』が登場致しますので各自のご挨拶から…。
(この2人の役割はその時々で変化していく予定です。更に第三のキャラクターの登場も控えております。)

REVくん

こんにちは。ボクREVくん!!今日からちょくちょく登場するから皆よろしくね!!
こんにちは。おじさんです。皆様、今日からよろしくお願い致します。

OJISAN

その1:商品について

REVくん

早速ですが…今回レビューする商品は何ですか?
今回レビューする商品は完全ワイヤレスイヤホンの『BRAGI(ブラギ) The Headphone』です。まずは商品の概要などを詳しく見ていきたいと思います。

OJISAN

参考 引用元BRAGI Japan

製品概要

・The Headphoneは、インテリジェントイヤホンThe Dashの経験を元に設計されたBluetooth接続の完全ワイヤレスイヤホンです。

・本体表面の物理ボタンにより、細かい操作を確実に行うことができます。

・左右の接続はNFMI技術(近距離磁気誘導)により、高い接続性と低レイテンシーを実現し、音切れによるストレスを軽減。

・1回の充電で最長6時間の連続再生が可能。ストラップの付いたケースは軽量でポケットが無くても首から下げることができます。

・オーディオトランスペアレンシー機能はリスニング中でも周囲の環境音を聞くことができ、街中でも車や自転車などの音を聞く事ができます。

人間工学に基づいた軽量設計で確実に耳にフィットし、長時間快適に音楽を楽しむことができます。

主な特長

・操作のしやすい物理ボタン
・駆動時間 最長6時間 (ケースにはバッテリー無し
・充電時間 約80分
・ケース装着時も軽量で、ネックストラップにより首から下げることも可能
NFMI技術(近距離磁気誘導)を採用し、左右の高い接続性低レイテンシーを実現
・周囲の環境音にアクセスできるオーディオトランスペアレンシーモード(音楽と周囲の音を混在)

その他の機能

Knowles社の独自チューニングによる、デジタル骨伝導マイクロフォン
・通話時にはKnowles社の先進的なadaptive Versant 2.0テクノロジーにより、周囲の騒音をフィルタリングし、常に鮮明に音声を伝える事が可能
・音声コマンドに対応
人間工学に基づいた軽量設計で確実に耳にフィットし、長時間快適に使用でき、周囲の騒音を遮断

仕様

<Bluetooth & 互換性>
・Bluetooth 4.0
・全てのBluetooth A2DP対応機器と互換
・A2DPプロファイル、AACSBCに対応

<オーディオ>
Knowles社製 高品質バイラテラルバランスド・アーマチュアドライバー
・周波数帯域:20-20,000Hz

<マイク>
Knowles社独自のデジタル耳骨伝導マイクロフォン
・デジタルMEMS全指向型、感度:-42dB

<本体バッテリー>
・100mAhリチウムイオンバッテリー
・連続再生:最大6時間
・待機時間:250時間
・充電時間:約80分

動画


REVくん

なんだかとってもスタイリッシュでオシャレな動画だな…。
ボクもいつか海外に行ってみたいです…。

気になったポイント

まずはメーカーHP上にある製品の概要/主な特徴/その他の機能/仕様/動画について見てきましたが、その中で個人的にいくつか気になったポイントがあったのでそれぞれ順番に書いていきたいと思います!!

①  NFMI(近距離磁気誘導)採用の完全ワイヤレスイヤホン

完全ワイヤレスイヤホンは最近非常に流行っていますし、どういった物かをご存知の方は多いと思うのですが「NFMIってなんだろう?」という方は多いのではないでしょうか。

私もあまり詳しい訳ではないのですが、NFMIというのは元々補聴器用に開発されたワイヤレス技術だそうです。

NFMIは遅延が少なかったり途切れにくいといった特徴があるので今回の『BRAGI The Headphone』の様な完全ワイヤレスイヤホンにその技術が応用されはじめている様です。

NFMIについてもっと詳しく知りたい!!という方は下のPHILE WEB様の記事が参考になると思います。

参考 完全ワイヤレスイヤホンの “途切れ” を無くす伝送技術「MiGLO」とは? 開発元のNXPに聞いたPHILE WEB

②  Knowles社製の独自チューニングBAドライバーを搭載

Knowles社は世界でも数少ないBA型ドライバーを手がけるメーカーです。
(その中でもトップクラスのシェアを誇っている大手メーカーになります)

私自身イヤホンの音質の良し悪しは人それぞれ好みの問題だと思っているのですが、こういった実績のあるメーカーのドライバーが採用されているというのは、音質(品質)面でちょっとした安心感の様なものが有りますね。

REVくん

「Knowles」は今後の為にも覚えておいた方が良さそうですね。メモメモ…っと…。
ポイント
『BRAGI The Headphone』はKnowles社の独自チューニングBA型ドライバーが採用されている!!  

③  対応しているBluetoothのコーデック

『BRAGI The Headphone』が対応しているBluetoothのコーデックAACSBCになります。

iPhoneユーザーの方であればAACに対応しているのであまり気にしなくていいと思いますが、Androidユーザーの方はaptXやLDACに対応していない点は注意が必要かもしれません。

オーディオ関係のBluetoothに関しては森あざらしさんのブログで非常に分かりやすく/丁寧に解説されておりますので是非下のリンクからチェックしてみて下さい。

参考 「Bluetoothオーディオ」の仕組みと用語white croquis

④  ケースにバッテリーが搭載されていない

多くの完全ワイヤレスイヤホンは、イヤホン本体を収納するケースにもバッテリーが搭載されていて、ケースからイヤホン本体に充電することが可能なものが多いのですが、今回の『BRAGI The Headphone』はケースにバッテリーが搭載されていないので注意が必要です。

つまりケースからイヤホン本体に充電することが出来ないということです。(充電用のクレードル/あくまでも持ち運び用のケースというイメージ)

なので『BRAGI The Headphone』を持ち歩く際はモバイルバッテリー等も一緒に持ち歩いた方が安心かもしれませんね。

ケース本体にバッテリーが搭載されていない点は個人的にかなり気になりました。ただ最大6時間連続再生可能なバッテリーがイヤホン本体に搭載されているので、通勤通学時など短時間一日使う程度であれば特に気にならないかもしれませんね。

OJISAN

注意
『BRAGI The Headphone』のケース本体にはバッテリーが搭載されていない!!

その2:商品チェック

REVくん

ここからは商品チェックの方を進めていきたいと思います!!
ワクワク…ドキドキ…。

化粧箱

化粧箱はやや小ぶりでコンパクトなサイズ感です。
海外製品らしくスタイリッシュでオシャレなデザインです。

ちなみに化粧箱の大きさは約14cm×5cm×4cmでした。

OJISAN

付属品

化粧箱をスライドさせるとイヤホン本体(ケース)と黒い小箱(付属品)が入っていました。
今回は付属品が多いので個別に詳しく見ていきたいと思います。

マニュアル類

・クイックスタートガイド (日本語表記)
・クイックスタートガイド (英語表記)
・Warranty & Attentionの紙
・COMPLYについての紙
・メーカーロゴステッカー

USBケーブル

充電用の短いきしめんタイプ(平べったいタイプ)のUSBケーブルです。
端子部分にはそれぞれメーカーロゴ入りです。

イヤーピース

SサイズとMサイズはシリコン製Lサイズ(相当?)はCOMPLY(ポリウレタンフォーム)製のものが付属しています。
一般的なイヤーピースに比べ高さがかなり低くやや特殊な形状のイヤーピースです。

本体 (ケース/イヤホン)

REVくん

いよいよ本体の商品チェックです!!
今回は『ケース』と『イヤホン本体』に分けてそれぞれ詳しく見ていきたいと思います!!

イヤホン本体収納ケース

こちらがケース本体です。
プラスティッキーな質感なので高級感はあまり感じません質感は悪くない印象です。
やや長めのストラップ(着脱可能)がついていて首に掛けられるようになっています。

OJISAN

ケースの大きさは約5cm×7.5cm×3cmです。
少し大きい様な気も致しますが手のひらサイズで握りやすいケースという印象でした。
注意
ケース裏面に「BRAGI HP24」というシールが貼られていますが実際の製品には貼られておりません。

ケースはスライド式です。
指で押すと(ケースの蓋部分が)スライドして中身を取り出すことが出来ます。

このケースなのですがスライドすると蓋が完全に外れるタイプなので(蓋が端で止まってくれず完全に外れるタイプ)少し使い勝手の面で微妙だなと感じました。

OJISAN

REVくん

…んん?? それってつまりどういう事ですか?
例えば私はAppleのAirPodsを愛用しているのですが、ケースを開けた時に蓋部分が持ち上がるだけで蓋が完全に外れない様になっています。しかし今回の『BRAGI The Headphone』はケースの蓋部分が完全に外れる様になっているので、イヤホン本体を出し入れする時だけの瞬間的な話ではあるのですが「…蓋ちょっと邪魔だな…完全に外れないで端の方でとまってくれればもっと出し入れしやすいのに…」と感じる瞬間が多かったのです。

OJISAN

イヤホン本体 (ハウジング)

イヤホン本体(ハウジング)をケースから取り出しました。
完全ワイヤレスイヤホン=ケーブルが一切無いので非常にスタイリッシュかつコンパクトな見た目ですね。
先程のケース同様イヤホン本体(ハウジング)も金属製では無いので高級感は感じませんでしたが質感は良いと思います。


REVくん

それにしても独特な…面白いかたちのイヤホンですね…。
ボタンも付いてるし…なんだかスゴそうです!! 

イヤーピースを付けた状態のイヤホン本体(ハウジング)を様々な角度から。
人間工学に基づいた軽量設計という事ですがハウジングの大きさは少し大きめという印象でした。

イヤーピースを外した状態のイヤホン本体(ハウジング)を様々な角度から。
上の写真を見るとステム(軸の部分)先端のイヤーピースを装着する部分が非常に短い(約5mm程)のが分かって頂けると思います。
これで先程のイヤーピースの形状(高さが低い)の理由がやっと分かりましたね。

耳型

ここで耳型(シリコン製の肌色の耳型)の登場です。
案の定といいましょうか想像通り耳型へのフィット感は抜群でございました。
またイヤホン本体(ハウジング)はやはり少し大きめで、正面から見ると耳孔からハウジングがそれなりに飛び出す様な感じでした。

その3:感想

REVくん

さて、いよいよ大詰めです。
今回は『化粧箱』『質感』『動作』『装着感』『音質』に分けてそれぞれ感想を書いていきたいと思います!!
なるべくシンプルにササっと書いていきますね。 

OJISAN

注意
あくまでも私(REV)の個人的な感想になりますので予めご了承下さい。

化粧箱についての感想

REVくん

あの…化粧箱の感想って…なんですか?
私は昔から化粧箱(パッケージング)も商品の評価をする上で非常に重要な要素だと考えているのですが、今回の『BRAGI The Headphone』は化粧箱にちょっと面白いギミックがあったので個別に感想を書いてみようと思った次第です。

OJISAN

REVくん

なるほど!!  …では改めて…化粧箱の感想をお願い致します!!
はい。商品と化粧箱の雰囲気やデザインが非常にマッチしていましたし満足度の高い化粧箱でございました。また開封した瞬間にハートマーク♡が見えるギミック凝っていて面白いなと感じました。こういうちょっとした遊び心のあるメーカーさんはとても好きです。

OJISAN

質感についての感想

REVくん

ええと…まずこの質感…というのは何の質感の事でしょうか?
ちょっと分かりづらかったですね。今回はイヤホン本体の質感についての感想です。

OJISAN

REVくん

了解致しました!!
では改めまして…質感の感想を教えて下さい!!
はい。商品チェックでも何度か書きましたが全体的にプラスティッキーな質感なので高級感はあまり感じられませんでした。とはいいましても変なバリや雑な仕上がりの箇所は無くて、非常に丁寧な作りのイヤホンだなあという印象でしたし、安っぽい印象はあまり受けませんでした。またこれは説明が難しいのですが(恐らくデザインの関係だと思うのですが)どこかサイバーチックな/近未来的な雰囲気を感じるイヤホンでした。

OJISAN

動作についての感想

REVくん

動作…これはイヤホンの動作という事ですか?
はい。そうです。
流石REVくん!! 段々おじさんの事が分かってきましたね。

OJISAN

REVくん

…てへへ…てへへへ。
それでは改めまして…動作に関しての感想を教えて下さい!!
はい。まず私が今まで使ったことのある完全ワイヤレスイヤホンの中ではトップクラスに『BRAGI The Headphone』は動作が安定しているなと感じました。これは冒頭で触れたNFMI技術(近距離磁気誘導)のおかげだと思います。完全ワイヤレスイヤホンでありがちな左右のペアリングが途中で切れてしまったり接続が不安定になってしまったりする様な事は一度もありませんでした。ただこれはあくまでも室内(自宅)で使用した場合の印象/感想になります。

OJISAN

REVくん

あれ? という事は室内(自宅)以外…屋外では使ってみなかったんですか?
そういう事です。今回の商品に限らずですがデモ機の場合あくまでもお借りしているものなので、室内(自宅)のみでしか試聴や検証は行っておりません。この点に関しましてはご理解頂ければ幸いです。

OJISAN

REVくん

なるほど…そういうことでしたか!!
…ということは室外で使った場合はまた評価が変わってくるかもしれないという事ですね。
はい。そういう事になります。
あとこれは今ひとつだな…と感じた部分なのですが、イヤホン本体(ハウジング)のフェイスプレート(正面の平たい部分)についているボタンが非常に押しにくいと感じました。各ボタンが小さいのは慣れればどうにかなりそうな印象でしたが、ちょっと押し込みが固めのボタンなのでボタン操作をする(ボタンを押し込む)→装着しているイヤホンが少しズレる→イヤホンのポジションを修正する…という一連の流れに少々ストレスを感じました。ボタンを押した際の各種動作のレスポンスには不満が無かっただけにこの点はちょっと惜しいなと感じた次第です。

OJISAN

装着感についての感想

REVくん

それでは装着感についての感想をお願い致します!!
(…前置きなしでいきなり聞いちゃった…)
(…前置きなしでいきなりきた…)
はい。装着感に関してはかなり良いと感じました。イヤホン本体(ハウジング)の大きさは決して小さくは無いのですが、写真で見るよりも実物はそこまで重くないですし、なにより実際に自分の耳に装着してみると、このハウジングの形状がとても魅力的な事に気が付きました。説明が難しいですが耳孔にヌルっとフィットする様なイメージです。

OJISAN

REVくん

耳孔にヌルっと…なんだか凄そうですね…。
またイヤホン本体(ハウジング)の裏側に充電用の接点がありますが、実際に耳に装着しても接点の部分の肌触りなどは特に気になりませんでした。

OJISAN

REVくん

おっ!!ボクもそれはちょっと気にいなっていたのでスッキリしました!!
ちなみに耳型に装着した状態の写真を見ていると物凄くフィットしているので遮音性が高そうに見えますがその辺りはどうでしょうか?
確かに遮音性は高いと感じました。ただそれは上手く耳孔にイヤホン本体(イヤーピース)がフィットしている事が条件だと思うので特にイヤーピースに関しては自身に合った大きさのものをきちんと選ばないと…ですね。私は最初上手く装着するのに若干慣れが必要だったのですが、比較的簡単に自分にとってのベストな大きさのイヤーピースとポジションを見つけることが出来たので良かったです。

OJISAN

REVくん

でもイヤーピースの形状が少し特殊みたいだし出来れば試聴/試着してからの方が失敗が無さそうですね。
はい。それは間違いなくそうだと思います。私は基本的に試聴や試着をしてから買わない人なのですが、失敗を避ける為にも試聴/試着してからの購入を強くオススメ致します。

OJISAN

音質についての感想

REVくん

それでは最後に1番肝心な音質についての感想を教えて下さい!!
はい。その前に重要なことなので先に書いておきたいのですが、私は客観的な/誰もが納得する様な素晴らしい音質評価が出来るタイプの人間ではございませんし、私自身音質について語るのが苦手…というかあまり好きではないんです…。

OJISAN

REVくん

…えっ!?でもイヤホン…オーディオ製品で音質というのは1番重要な事じゃないんですか!?
うーん…。どうでしょう。ちょっとその質問の答えは難しいです。あくまでも私の場合ですがそれが全てでは無いと思っています。これはオーディオ製品に限ったことでは無いですが色々な要素が重なり合って最終的に自分の中でいいモノなのか/いまひとつなモノなのかを私は判断しています。…ちょっとこの話は長くなりそうなのでまた別の機会に。

OJISAN

REVくん

なるほど…。(…よく分からないけれど…)
…とはいいましてもこうやってブログを書いている訳ですし、苦手なりに頑張ってなるべくシンプルに私自身が感じた音質の感想を書いていきたいと思っている次第です…。

OJISAN

REVくん

分かりました。(…今度詳しく聞いてみよう…)
では改めまして音質についての感想をお願い致します!!
はい。まずある程度イヤホンにお詳しい方(マニアな方)であれば、「Knowles製ドライバー」や「1BAイヤホン」と聞いて想像がつく音の範疇だと思います。安定のKnowles製ドライバー(1BA)だな…という感じといいますか…。

OJISAN

REVくん

…えっ!? おじさんってイヤホンにお詳しい方(マニアな方)なんですか!?
あっ…いえ、そういう事では無いんですが…。(…REVくんには言い回しを気をつけなければ…)残念ながらそんなに詳しい人では無いです。ただのおじさんなので…。

OJISAN

REVくん

(…ふーんそうなんだ…まあ…いいか。)
…話を戻します。
音質傾向に関しては変なクセも無く、すっきり目で、音声(ボーカル)が非常に聴き取りやすいイヤホンという印象でした。得意不得意なジャンルは特に無さそうといいますか、何にでもある程度合いそうというか、大体平均点はとってくれるというか…そういうタイプのイヤホンだと感じました。

OJISAN

REVくん

更にまとめるとどういう感じでしょうか?
更に簡単にまとめると…良い意味で可もなく不可もなく…普通という印象でした。また音楽鑑賞以外の用途…例えば音声が聴き取りやすいイヤホンなのでラジオやPodcast等の音声を聴く用途には非常に向いているイヤホンだと思いますし、今回の『BRAGI The Headphone』は音楽鑑賞用途以外でも完全ワイヤレスイヤホンの利点を上手く活かして活用していきたいイヤホンという印象でございました。

OJISAN

その4:まとめ

 

それでは今回の『BRAGI The Headphone』のまとめです。

OJISAN

『BRAGI The Headphone』はこんな商品です!!

・Bluetooth4.0(AAC/SBCに対応)の完全ワイヤレスイヤホン

・

NFMI技術(近距離磁気誘導)を採用し音切れがしにくい

・最長6時間の連続再生が可能

・
イヤホン本体は人間工学に基づいた軽量設計でフィット感抜群

・Knowles社製の独自チューニングBAドライバーを搭載

良い所

・装着感/フィット感が良い

・動作が非常に安定している

今ひとつな所

・イヤホン収納ケースにバッテリー非搭載

・多機能な上位機種『The Dash Pro』と比べてしまうと今ひとつ魅力を感じない

さいごに

今回初めてBRAGI(ブラギ)の完全ワイヤレスイヤホンを使ってみましたがその完成度の高さに驚かされました。

 

物凄く音質に拘る方(マニアな方)ですと今回の『BRAGI The Headphone』に限らず、完全ワイヤレスイヤホンでは音質的に厳しいものが有るのかもしれませんが、私の場合必要十分というか、身分相応な感じといいますか、細かい部分で気になった点がいくつかあったので完璧では無いものの特に大きな不満点はありませんでした。

 

まだ完全ワイヤレスイヤホンを使ったことが無い方や、いまひとつ接続が安定しない完全ワイヤレスイヤホンしか使った事が無い方には『BRAGI The Headphone』選択肢の1つとしてオススメ出来る商品でございました!!

実は今回ご紹介した『The Headphone』と同時に、上位機種の『The Dash Pro』もお借りしましたので次回はそちらのレビューをして行きたいと思います!!

OJISAN

REVくん

最後まで見てくれてありがとうございました!! それではまた次回!!