「雑記」はコチラ!

【レビュー】KZ AS16 プロフェッショナルな8BAイヤホンを試す

KZ AS16 review

REVくん

ご覧頂きありがとうございます。REVです。
本日は中華イヤホンのレビューをしていきたいと思います!!

OJISAN

※レビュー用にサンプルを送っていただきました。

その1:商品について

KZ AS16 review

REVくん

早速ですが…今回レビューする商品は何ですか?
今回レビューする商品は…『 KZ AS16 』です。

まずは商品の概要などを詳しく見ていきたいと思います。

OJISAN

※以下 AMAZON 商品ページより引用

「非常に高精度のサウンドを生み出すドライバー」

KZ AS16 review

低域に2基、中域に2基、超高域に4基のバランスド・アーマチュア型ドライバーの合計8ドライバーが搭載により、さらに明瞭な高域の音を得られます。加えて、音域調整用の回路構成も採用することで、全帯域に周波のマニュアル調整を可能とします。周波数帯ともシームレスに繋がり、互いに干渉することなく全帯域において正確な再生能力を発揮します。

KZなのに8BA…凄い…。新しい時代が来た感じがしますね…。

OJISAN

「プロフェッショナル正確な電子周波数分離チューニング技術」

KZ AS16 review

音域調整用の回路構成も採用することで、全帯域に周波のマニュアル調整を可能とします。
「遮音性」カナル型の設計により外部の音を遮断し、どのような環境でも重低音の世界に浸ることができます。 また、音漏れを抑えることで、通勤、通学、学校や職場、図書館など、他人に迷惑を掛けやすい場所での使用にも適しています。

REVくん

ハウジングがかなり大きそうですね…。装着感が気になるところです。

「プロフェッショナルな工業デザイン技術を採用」

KZ AS16 review

プロフェッショナルな工業デザイン技術を採用します。三つのサウンドチャンネル構造です。
全周波数のサウンドがもっとバランスになります。
サウンドは混雑な状況が現れません!

私はKZのイヤホンとあまり相性が良くないのですが、KZ AS16は(販売価格的に)結構気合が入っていそうなので、試聴するのが楽しみです。

OJISAN

「人間工学に基づいて設計された筐体」

KZ AS16 review

「人間工学」に基づかれたフィット感、 耐久性、快適さを備えた筐体デザインは、柔軟かつ軽量な性質を持つ金属をCNC 加工で、耳に圧力がしなくて、長時間の着用でも感じさせず快適なフィット感をしながら、音楽の世界に浸ることができます。可変オーバーイヤーフック、着け心地良し;しっかりと耳の奥までフィットし音漏れも減らします,遮音性とても良い;他人に迷惑を掛ける事も無く;3.5mmプラグを搭載、様々なプレーヤーに対応;高品质のマイクで電話の声はよりクリアに,必要に応じてマイクを使用するかどうかを選択できます;イヤホン側端子は着脱可能な2pin端子を採用;低ハイブリットイヤホンの好機種として,以上の音質です。

REVくん

…ハウジングが大きすぎて、耳穴から飛び出すパターンと予想しますが…果たして…。

「活躍なリケーブルデザイン」

KZ AS16 review

活躍なリケーブルデザイン、自らBluetoothモジュールを設定して、すぐBluetoothワイヤレスイヤホンになります。
そして、0.75mm2pinコネクタのデザインがKZ社特有の技術であります。KZ社出品されているBluetoothワイヤレスリケーブルに対応できます。

ふむふむ。最近流行りの凸型2Pin仕様の様ですね。

OJISAN

その2:商品チェック

ここからは「KZ AS16」の実機をビシッとチェックしていきます!

OJISAN

パッケージ

KZ AS16 review

それでは商品チェックを進めていきたいと思います。まずはパッケージから。

OJISAN

KZ AS16 review

KZ AS16 review

KZ AS16 review

REVくん

…販売価格が上がったとは言え、いつものKZの化粧箱という感じですね。もう少しいい感じのデザインだとテンションが上がるんですが…。うーん。

付属品

KZ AS16 review

化粧箱から中身を全て取り出して付属品を確認していきます。

OJISAN

KZ AS16 review

REVくん

保証書、ユーザーガイド、合格証。
KZ AS16 review
半透明のファサファサ袋から中身をそれぞれ取り出します。

OJISAN

KZ AS16 review

REVくん

先端菊練り型のKZおなじみシリコン製イヤーピース。
MEMO
イヤホン本体に1ペア装着済みです。
KZ AS16 review
KZイヤホンおなじみの、いつもの、あのケーブルです。コネクターは2Pin仕様になります。

OJISAN

KZ AS16 review

KZ AS16 review

KZ AS16 review

REVくん

…もはや細部の確認をしなくてもいいのではないかレベルでこのケーブルに出会っている気がします。

イヤホン本体(KZ AS16)

KZ AS16 review

ここからはKZ AS16 本体(ハウジング)を詳しく見ていきます!

OJISAN

KZ AS16 review

REVくん

いつものKZのイヤホンという感じで、販売価格相応の高級感みたいなものは特に感じませんね…。ちなみにフェイスプレートは金属製です。
KZ AS16 review

KZ AS16 review

BAドライバーを沢山搭載しているので仕方がない部分ではありますが、やはりイヤホン本体は大きめの部類に入ると思います。

OJISAN

KZ AS16 review

KZ AS16 review

REVくん

イヤーピースを取り外しました。ステムとフィルターは金属製です。
KZ AS16 review
2Pinコネクターはしっかりささりました。やはりこの凸型2Pin端子いいですね。

OJISAN

KZ AS16 review

KZ AS16 review

REVくん

耳型に装着してみましたが、予想通り、耳穴から盛大にはみ出すタイプでした。…装着感はあまり期待できなさそうですね…。
以上で商品チェック終了になります。お疲れ様でした。

OJISAN

その3:感想

REVくん

ここからは、実際に「KZ AS16」をしばらく使ってみた感想を述べていきたいと思います!

白いお餅が若干気になるいつものKZイヤホン!

KZ AS16 review

KZ AS16は、KZなのに(…失礼)10,000円以上で販売されているイヤホンです。個人的にこの価格ならもう少し高級感というか、他とは違う何かが欲しいところなのですが…

OJISAN

REVくん

いかんせん「いつものKZ」のイヤホンにしか見えないんですよね…。ハウジング内側のシェルが半透明なせいで、中の白いお餅みたいなやつも目立ちますし…。
パッケージデザインも安っぽいですし、KZさんにはもう少しルックス面で頑張ってほしかったです。

OJISAN

THE多ドラBA型イヤホンな装着感!

KZ AS16 review

装着感に関しては、正直かなり好みが分かれそうな印象です。やはり多ドラBA型イヤホン特有のシェルの大きさ私苦手かもしれません…。

OJISAN

REVくん

イヤーピースで固定というかハウジング全体を保持している感じがどうもだめなんですよね…。

あまり特徴のない平凡なサウンド!

KZ AS16 review

最後に音質に関してですが、予想に反してあまりクセがなく、KZのイヤホンとしては聴きやすい音のイヤホンでした。

OJISAN

REVくん

スッキリさっぱり目だけど、そこまで刺激的な音じゃない感じで。…なんだか意外でした。
ただ、これといって印象に残る音のイヤホンでは無いかな…という。特徴がないというか…。記憶に残らないというか…。

OJISAN

REVくん

BAドライバーを沢山積んでいるだけあって、結構細かい音まで聞こえる感覚はありましたが、万能型というか、普通というか…。そんなイヤホンでございました。

その4:まとめ

KZ AS16 review

良い所
・ あまりクセがなく使いやすい多ドラBA型イヤホン
今ひとつな所
・ デザインがいつものKZイヤホン

さいごに

KZ AS16 review

KZなのに(…度々失礼)、10,000円以上するイヤホン…これはやはりイヤホン好きの人間としてはかなり気になっていました。

 

しかし、実際に聴いてみると、あまり印象に残らないイヤホン…というのが正直な感想です。

 

イヤホン本体やパッケージのデザインが、今までのものと違っていたら…と考えると、残念な気持ちがします…。

 

中華イヤホンやKZイヤホンファンの方など、気になった方は是非チェックしてみて下さい!

REVくん

本日は最後までご覧頂きありがとうございました。

それではまた次回!!