Pota Audio.com はコチラ!!

【レビュー】『SoundPEATS (サウンドピーツ) Force』aptX対応 ネックバンド型 Bluetoothイヤホンを試す

REVくん

ご覧頂きありがとうございます。REV(@forREV)です。
本日はBluetoothイヤホン(レビュー用デモ機)のレビューをして行きたいと思います!!

OJISAN

その1:商品について

REVくん

早速ですが…今回レビューする商品は何ですか?
今回レビューする商品は…

『【16時間連続再生&ネックバンド型】SoundPEATS(サウンドピーツ) Bluetooth イヤホン 重低音 10MMドライバー採用 [メーカー1年保証] 16時間連続再生&300時間待機時間 apt-Xコーデック対応 IPX5防水&防汗 CVC6.0ノイズキャンセリング 医療用グレードのシリコーン採用 マイク付き マイク内蔵 ネックバンド型 スポーツ イヤホン iPhone &Android 対応 Bluetooth ヘッドホン』です。

まずは商品の概要などを詳しく見ていきたいと思います。

OJISAN

※以下Amazon商品ページより引用

高性能・高音質なイヤホン

特徴1→ドライバーユニットの構造を最適化した10mm径ダイナミックドライバーと、広帯域再生を実現した新開発の振動板を採用したことにより、繊細な音も表現できます

イヤホン本体には、美観の視覚印象をもたらし、重低音を体で感じられます。ハウジングには金属を採用、耐久性を高めるとともに、アルマイト処理を施した高級な金属製が音質に悪影響を与える不要な振動を抑えます

耳のより奥でイヤーピースがフィットするため、安定した装着感と高音質を実現し、周囲への音漏れも軽減します。

特徴2→先進的なCSR4.1のBluetoothチップCVC6.0ノイズキャンセリングaptXテクノロジーを採用し、オーディオファイルを圧縮し、音質に影響を与えることなく、高忠実度のステレオ音楽、クリアな音声及びCD品質のステレオサウンドを楽しめます。

【※注意※】マルチファンクションボタンをツータップしてSiriやGoogleアシスタントといった音声検索をご利用いただけます。

REVくん

新開発の振動板…これは気になりますな!! aptXにも対応しているので、スペック的にも十分ですね!! (・へ・)

医療用グレードのシリコーン製ネックバンド+圧倒的な稼働時間

特徴1→首の形、重力の流れ等人間工学に基づいて生み出されたネックバンド形状を採用、軽やかなフィット感を追求しバンド部の自然なカーブ形状により、首まわりになじみやすく、快適で安定した装着感と収納時のコンパクト化を実現しました。

医療用グレードのシリコーンを用いた柔軟性に富んだネックバンドと収納性に富んだマグネット内蔵のイヤーピースによって前例の無いほどの利便性を提供します。

特徴2→従来のBluetoothイヤホンの連続再生時間は長くても8時間しか持たないという欠点を2つのバッテリーを用いることにより解消したのがネックバンド型SoundPEATS Forceです。

音楽再生時間は最大16時間(60%の音量時)、スタンバイ時間は最大300時間です。 ペアリングが切られてから3分程で自動的に電源が切れ、消費電力を極限まで小さくしました!外出&旅行時の電池の容量不足を心配せず安心してご使用いただけます。

【※注意※】iOS機器ではイヤホンの残電力を表示でき、リアルタイムにバッテリー残量を確認できるので、安心してご使用いただけます。

医療用シリコーン製のネックバンドということで、首に掛けた時の肌触りが良さそうですね。個人的にネックバンド式のイヤホンに関してはネックバンド部分の肌触りを最も重視するのでかなり気になるポイントです。

OJISAN

優れの通話音質+スポーツ仕様

特徴1→高感度のマイク付き、CVC 6.0ノイズキャンセリング技術は周囲の雑音を削減でき、ハンズフリー通話と音楽をよりクリアな音質で楽しめます!CVC6.0技術が搭載されるため、周囲の騒音元をコントロールすることはできませんが、騒音が耳に届くレベルはコントロールできます。別々のボタンで電源オン/オフ、音楽再生/一時停止、通話開始/終了/拒否/リダイヤルなどの操作が簡単にできます。

特徴2→ネックバンド型で、ネックレスのように首掛けが可能、激しい運動しても落ちにくいです。イヤーピースに組み込まれたマグネットによって使用しない時はイヤーピース同士をコンパクトに連結させることが可能です。

REVくん

イヤーピース同士…。恐らく左右のハウジング同士が内蔵されているマグネットでくっつく…ということだと思われます。地味に便利な機能ですよね。(^_^)

信頼できるオーディオ専門メーカー

SoundPEATSはBluetooth イヤホン(ブルートゥース イヤホン)やスピーカーなどのオーディオ製品を専門的に取り扱うメーカーです。2013年1月にAmazon.comでの販売を皮切りに世界進出し、高級機種に匹敵する音質と使い勝手を実現しながらリーズナブルな価格を武器に絶大な人気を集めました。

現在はアメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、そして日本とインドの9か国のAmazonで販売しています。ここ日本には2015年5月にAmazon.co.jpでの出店を契機に上陸し、初期はQY7、現在はQ30が日本のお客様からも高い支持を受けています。

本モデルForceは弊社の最新モデルで、とくに低音重視のお客様におすすめします!SoundPEATSの強みはなんと言ってもコストパフォーマンスの高さにあります。ワイヤレスイヤホン未体験の方も現在使用中の方もぜひご体験ください!

高級機種に匹敵する音質…なにやら過剰にも思える謳い文句ですが、SoundPEATS (サウンドピーツ)の商品は世界的に人気ですし、実際に今まで私も何機種かレビューさせて頂いておりますが、リーズナブルかつ完成度が高いという印象なので、今回のForceも試聴するのが楽しみでございます。(^_^)

OJISAN

【レビュー】Amazonで人気のAAC&aptX対応のBluetoothイヤホン『SoundPEATS Q35 PRO』を試す

製品仕様

通信方式:Bluetooth標準規格 Ver4.1
最大通信距離:約10m
対応プロファイル:HSP、HFP、A2DP、AVRCP
対応コーデック:SBC、aptX
チップセット:CSR8645
ドライバー Φ10.0mm
再生周波数帯域:20Hz-20KHz
再生時間:約16時間(音量が60%で)
充電時間:約1-2時間
待機時間:約300時間
ディメンション(L * W * H):38x11x27.6 cm
質量:33g

その2:商品チェック

化粧箱

それでは商品チェックの方進めて行きたいと思います。まずは化粧箱です。

OJISAN

REVくん

しっかりとした化粧箱です。早速開封して中身の方見ていきたいと思います。
箱の中身もキチンとデザインされている感じが素晴らしいですね!! 続いて付属品の方を詳しく見ていきたいと思います。

OJISAN

付属品

付属品のまとめ
● Force Bluetoothイヤホン(ブルートゥースイヤホン)本体
● イヤーピース(XS/S/M/L/XL)※初期装着M
● イヤーフック(S/M/L)※初期装着M
● 収納バッグ
● USB充電ケーブル
● カラビナ
● ユーザーガード
付属してくるイヤーピースの数が多いのは良いですね。

OJISAN

イヤホン 本体

続きましてイヤホン本体を詳しく見ていきたいと思います。まずはセミハードケースから本体を取り出します。

OJISAN

REVくん

取り出しました。透明のテープを剥がします。
取り外しました。やはりネックバンドタイプということで、手のひらサイズとは言いにくいサイズ感という印象です。

OJISAN

ネックバンド

REVくん

ネックバンド部分は柔軟性が有りくねくねと曲げることが可能です。付属のセミハードケースに収納する場合は、ネックバンド部分をその都度畳む必要が有ります。これは正直ちょっと面倒というか、スマートじゃない感じが致します…。
MEMO
付属のセミハードケースに収納するには、ネックバンド部分を折りたたむ必要が有るので、若干面倒かもしれません。

REVくん

…この様な感じで、思いの外ネックバンド部分は柔軟性が有るイメージです。また、気になっていた肌触りに関しては、サラッとした感じのシリコンで中々好印象でした。

ケーブル

Bluetoothイヤホンということもあって、リモコン部分は少し大きめな印象を受けました。また、ケーブル自体は細くもなく太くもなく普通だと思います。

OJISAN

ハウジング

サウンピーツさんのお家芸と言っても過言ではないと思いますが、ハウジング部分はマグネットが内蔵されているので、ハウジング同士を近づけるとビタッ!!っとくっつく仕様になります。

OJISAN

REVくん

この様にハウジング同士を近づけると、マグネットの力でくっつきます。(それなりの磁力でしっかりとくっついてくれるイメージです)
ハウジング部分のアップのお写真を並べてみました。羽つきタイプなのでフィット感/ホールド感は抜群だと思います。また、しっかりとした密閉感も得ることが出来ると思います。

OJISAN

REVくん

イヤーピースとイヤーフックを外してみました。ハウジング自体はやや長めですが、(装着した時の見た目は別として)これはイヤーフックを装着してしまうとあまり気にならないと思います。

耳型に装着

耳型に装着してみました。今まで羽つきタイプのイヤホンを使用されたことがある方であれば、まさにあの感じの装着感だと思って頂ければ、ほぼほぼ間違はないかと存じます。やはりイヤーフックが有るとホールド感が一気に増しますね

OJISAN

その3:感想

ネックバンド式との相性

Bluetoothイヤホンといっても色々な種類のBluetoothイヤホンが存在する訳ですが、今回のForceの様なネックバンドタイプのBluetoothイヤホンは、正直音質がなんちゃら以前の問題として、取り回しの面でかなり好みが分かれる様な気が致します。

 

例えば左右独立型のBluetoothイヤホンの場合、音楽を聴いている時はケーブルがなくて取り回しがよく、快適そのものだと思うのですが、音楽を聞いていない時(使っていない時)や、瞬間的に耳から取り外す必要がある時などは、かえってケーブルで繋がっていない事が面倒に思う瞬間が有ると思います。(…多分…)

 

それに比べてネックバンド式のBluetoothイヤホンは、使わない時は首に掛けておける(垂らしておける)ので、使用用途によっては左右独特型タイプよりもネックバンドタイプの方が快適に使うことが出来るかもしれません。

 

しかし、ネックバンド式のBluetoothイヤホンは、左右独立型タイプに比べるとどうしても収納に難が有ります。

 

Forceに付属している様な、イヤホン収納用のセミハードケースに入れる場合、ネックバンド部分を折りたたむ必要がありますし、かと言ってこのままの状態でカバンの中に放り込んでしまうと、次に取り出す時が厄介になる訳です。

…なんだかまとまりのない感じになってしまいましたが、要するにネックバンドタイプが合う人と合わない人でスパッと分かれそうだな…みたいな事が言いたかったわけでございます。

OJISAN

SoundPEATS (サウンドピーツ)の音

音質面に関してですが、新しいドライバーが採用されているということだったので、今までと音質傾向がガラリとちがうのかなあ…と勝手に思っていたのですが、実際に試聴してみた所、いい意味でいつものSoundPEATS (サウンドピーツ)さんの音という印象を強く受けました。

 

今SoundPEATS (サウンドピーツ)のBluetoothイヤホンを気に入って使っている方であれば、スッと入ってこれる感じだと思います。

 

これは私の勝手な印象のお話ですが、SoundPEATS (サウンドピーツ)さんのBluetoothイヤホンは、基本的な音(チューニング)が決まっていて、前機種に対して→ウォーム→クール→ウォーム→クールといった感じのチューニングの順番で新製品を出されている印象が有るのですが、今回のForceに関してはSoundPEATS (サウンドピーツ)さんの中ではウォームな方という印象でした。

REVくん

SoundPEATS (サウンドピーツ)さんのBluetoothイヤホンは、動作の安定性や各種操作のレスポンスに関して問題ない印象なので、今回のForceはBluetoothイヤホン入門/最初の1本としてオススメ出来る商品だと思います。

4:まとめ

良い所
・ Bluetoothイヤホンとして安心/安定のクオリティ
・ 初めてのBluetoothイヤホンにオススメ
今ひとつな所
・ ネックバンド式なので収納性はやや難アリ

さいごに

SoundPEATS (サウンドピーツ)さんの様な、新製品が出ても(いい意味で)ある程度予測がつくメーカーさんの商品は良いですよね。(^_^)

 

感想でも書きましたが、Bluetoothイヤホン入門としては中々オススメできる商品でしたので、気になった方はチェックしてみて頂ければ幸いです。

REVくん

本日は最後までご覧頂きありがとうございました。

それではまた次回!!