Amazonで人気のAAC&aptX対応のBluetoothイヤホン『SoundPEATS Q35 PRO』を試す

REVくん

ご覧頂きありがとうございます。

REV(@forREV)です。

本日はBluetoothイヤホン(レビュー用デモ機)のレビューをして行きたいと思います!!

OJISAN

その1:商品について

REVくん

早速ですが…今回レビューする商品は何ですか?
今回レビューする商品はインイヤーモニターのSoundPEATS Q35 PROです。まずは商品の概要などを詳しく見ていきたいと思います。

OJISAN

※以下Amazon商品ページより引用

AAC & aptX コーデックに対応

【AAC & APT-Xコーデック対応、驚くほどの高音質・低遅延】
ワイヤレスでより高音質に音楽が聴けるaptX、AACに対応しており、データ転送時の音源圧縮による音質劣化や高音域の減衰が少なく、iPhoneでもアンドロイドでも、高品質でナチュラルなサウンドを楽しむことができます。また、音声の伝送遅延が少ない為、動画観賞とゲームでストレスなくお楽しみいただけます。

Q35 PROは「AAC」と「aptX」の両方に対応しているので、Android/iPhone問わず、高音質/低遅延で音楽/動画鑑賞することが可能です。

OJISAN

10mmドライバー搭載

【10mmドライバー搭載、魅力的な低音・力強いサウンド】
専用に設計された小型化・高音質化10mmダイナミックドライバーユニットを搭載、世界のトップオーディオ機器だけに使用されていたベリリウムコーティング振動板を採用、コンパクトながら明瞭感のある高域と透明度のある中域、豊かな低域をバランスよくサウンド再生します。音楽や映画、ゲームなど、全ての利用場面で活き活きとしたサウンドを実現します。

REVくん

「べりりうむこーてぃんぐ振動板」…なんだか強そうですな…。

IPX6防水対応

【IPX6防水対応、スポーツに最適】
IPX6級防水規格対応の外装と、内部のナノコーティングによる2層の防水性能は、運動時の汗、急な小雨、水しぶき、お風呂の湿気からイヤホンを守る耐水仕様。ランニング・ジムなどスポーツ時に最適です。※IPX6は完全防水ではありません。マイクロUSB端子のフタが完全に閉まっている状態にて、あらゆる方向からの噴流水に対して本体機能を保護するものです。

マイクロUSB端子のキャップの閉め忘れにはくれぐれもご注意下さい。

OJISAN

約8時間連続再生可能

【長持ちバッテリー採用、8時間連続再生】
約1.5時間の充電で約8時間の音楽再生/連続通話(イヤホン側で音量60%で使用の場合)スタンバイ状態で100時間持ちます。接続したiOSデバイス(iPhone、 iPad、iPodなどiOS 6以上の機器のみ対応)にはバッテリー残量も表示できます。※充電・再生時間は、使用環境により異なります。

REVくん

8時間バッテリーが持てば十分一日持ちそうですな!!

ハウジングにマグネット搭載

【マグネット搭載、落下防止】
イヤホンヘッド内部に磁石を内蔵しており、使用しない時はヘッド同士をマグネットで吸着させ、ペンダントのように首から吊り下げることができます。移動中の脱落の心配もありません。

人間工学に基づいたデザイン

【人間工学に基づいたデザイン、優れた遮音性・快適な装着感】
人間工学に基づいたカナル型イヤホンは、耳の上部にフィットする柔らかなフックを装着し、イヤホンを耳にしっかりと固定出来ます。イヤーピースは5サイズ(女性用には小さめのサイズもあります)、イヤーフックは3サイズが用意されているので、自分の耳の穴のサイズに合ったものを取り付けることで長時間の装着でも痛くならず、快適なフィット感で使用できます。遮音性も高まり、電車内等でも外の音が気にならず、自分だけの空間を生み出し、好きな音楽を邪魔されず楽しめますので、ぜひお試しください!

製品仕様

通信方式:Bluetooth標準規格 Ver4.1
最大通信距離:約10m
対応プロファイル:HSP、HFP、A2DP、AVRCP
対応コーデック:SBC、AACaptX
チップセット:CSR8645
ドライバー Φ10.0mm
出力音圧レベル:92 ± 3dB at 1kHz 1mW
再生周波数帯域:20Hz-20KHz
インピーダンス:32Ω±15% at 1KHz(DC)
リチウムポリマー電池:3.7V / 55mAH*2
再生時間:約8時間(音量が60%で)
充電時間:約1-2時間
待機時間:約100時間
ディメンション(L * W * H):63.5 x 2.5 x 3.2 cm

その2:商品チェック

化粧箱

REVくん

むむ!!しっかりとした化粧箱ですな!!開封が楽しみです!!

付属品のチェック

付属品
■1 x SoundPEATS Q35 Pro Bluetoothイヤホン
■2 x ケーブル留めバックル
■2 x コードクリップ
■1 x 収納バッグ
■10 x 交換用イヤーピース
■6 x 交換用イヤーフック
■1 x USB充電ケーブル
■1 x カラビナ
■1 x ユーザーガイド
付属品をそれぞれ詳しく見ていきたいと思います。

OJISAN

ユーザーガイド / USB充電ケーブル

カラビナ / ケーブルクリップ / コードクリップ / イヤーピース / イヤーフック

イヤーピースが5ペア付属しているのは素晴らしいですね。(*^^*)

OJISAN

ケース


セミハードケースの大きさは、約9cm×7cm×4cmになります。

OJISAN

イヤホン本体

REVくん

見た目的な目新しさは特に感じませんな…。ハウジングが大きめのよく有るBluetoothイヤホンという印象です。

開封したばかりなのでケーブルにややクセがついていましたが、ケーブルは細すぎず/太すぎずといった印象で取り回しは良好です。リモコンマイクは少し大きめな印象です。

OJISAN

ハウジングをくっつけてみる

ハウジングにはマグネットが内蔵されていて、左右のハウジングを近づけると上の動画の様にパチっとくっつきます。

OJISAN

ハウジング (イヤピース有り)

REVくん

ハウジングは大きめ…というか横長ですな。

ハウジング (イヤーピース無し)

イヤーフック用の出っぱりが付いているくらいで、特に奇抜な感じのデザインでは無いですね。

OJISAN

耳型に装着

REVくん

…ぬぬ!! 結構耳孔からハウジング飛び出す系イヤホンですなこれは…。
はい。ただイヤーフックのおかげで装着感はかなり良いと感じました。ランニングなど軽い運動中に、ハウジングが耳から落ちてしまったりズレてしまったりということは殆ど無さそうです。

OJISAN

その3:感想

ハウジング同士がくっつく

商品チェックでも書きましたが、Q35 PROは左右のハウジングにそれぞれマグネットが内蔵されています。

 

ただ今まで私が使った事の有るハウジングにマグネット内蔵タイプのイヤホンと比べると、Q35 PROのハウジングに内蔵されているマグネットの磁力はあまり強くない印象でした。(必要十分な磁力は有ります)

REVくん

(ボクは首無いけど…)首にイヤホンを掛ける時に、ハウジング同士がくっついてくれると取り回しが楽ですよね!!

正面から見ると…

これは完全に好みの問題だと思いますが、Q35 PROはハウジングが長めなので正面から見ると耳孔からかなりハウジングが飛び出すので、見た目的に気になる人は気になるかもしれません。

 

因みにイヤーフック付きタイプのイヤホンということもあって、装着感に関してはかなり好印象でした。(*^^*)

ハウジングがつや消しのブラックで(いい意味で)あまり存在感がないので、私はハウジングの長さ/大きさに関してはそこまで気になりませんでした。

OJISAN

今風な音質傾向

Q35 PROは、今風のすっきり/さっぱり目の音質傾向のイヤホンという印象でした。

 

ただ私には全体的に若干キツめな音かなあ…という印象で、音量を上げていくとシンバル等の金物系の音がどんどん目立っていく感じの音量の上がり方(全体の音のバランスの上がり方)が若干気になりました。

 

とは言いましても、これはあくまでも私の好みの問題であって、既に大多数の方にQ35 PROの音(音質傾向)は支持されているので、今風な音質傾向のBluetoothイヤホンをお探しの方にはピッタリの商品だと思います。

(余談ですが…)音質に関しては人それぞれ好みの問題だと思っていますが、最近少し刺激的だな…と感じるイヤホンが増えてきました。(*_*)

OJISAN

動作が安定している

Q35 PROはペアリングも素早く行うことが出来ましたし、使用中の動作の安定感/レスポンス共に素晴らしく、使用中に変な所(通信の安定性や大きなノイズ音等)に気を使わなくていい安心感がありました。(*^^*)

 

Bluetoothイヤホンの音質というのは勿論重要だとは思うのですが、やはりBluetooth=ワイヤレスという事で、動作が安定しているという事がなによりもまず基本であり重要な事だと思うのですが、今回のQ35 PROに関してその点は問題ありませんでした。

Bluetooth/ワイヤレス系の商品は、まず動作が安定していて快適に使うことが出来るかどうかが一番重要だと思っているのですが、Q35 PROに関しては快適に使用することが出来ました!!(*^^*)

OJISAN

4:まとめ

『SoundPEATS Q35 PRO』はこんな商品です!!
・ AAC & aptX に対応したBluetoothイヤホン 

・ ベリリウムコーティング振動板を採用

・ IPX6防水に対応

・ ハウジングにマグネット内蔵

・ 約8時間連続再生可能

・ オーバーイヤーデザインを採用

・ 人間工学に基づいたデザイン

良い所
・「AAC」と「aptX」に対応している

・ 使用中の動作が安定している

今ひとつな所
・ 音量を上げるにつれハイ上がりになっていくのが気になった

さいごに

SoundPEATSさんの商品はAmazonで評判がとても良いですよね。

 

今回のQ35 PROは、低価格帯のBluetoothイヤホンに有りがちな動作の不安定さも感じず、ストレス無く使用することが出来ました。

 

「Bluetoothイヤホンが欲しいけどどれを買ったらいいか分からない…」という方(初心者)は、AACとaptXの両方に対応していますし、動作も安定しているので、「迷ったらとりあえずこれを買っておけば間違い無い系」の商品だと思います。

 

Q35 PROはネット上の情報/レビューが豊富なので、気になった方はまず色々な方々のブログを参考にしつつ、ご検討してみてはいかがでしょうか。(*^^*)

REVくん

本日は最後までご覧頂きありがとうございました。

それではまた次回!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です