今日の一言「おじや」

【ぷちレビュー】SENNHEISER MX985を試す

※この記事は旧ブログ(REV録)に掲載していたものに移行後記を加えたものです。


ご覧頂きありがとうございます。REVです。(´・ω・`)
少し前になりますがゼンハイザーのMX985を購入致しました。
しかし購入してから時間の関係で直ぐに聴くことが出来ず悶々とした日々を過ごしておりました。
因みにゼンハイザーのインナーイヤー型のイヤホンはこの機種がほぼ初めてだったり致します。
(ヘッドホンですとHD800等は長期間所有しておりました)
最近まで私はこのイヤホンに全く興味が無くて
(なんとなく名前を聞いたことがあるイヤホンという程度)あまり魅力を感じていなかったのですが
今年に入ってからインナーイヤー型のイヤホンを購入する機会が多くなって海外サイトなんかも
久しぶりに巡回する様になったのですがそんなある日某海外サイトのインナーイヤー型ランキング
でCategory 1: THE CHAMPIONSに分類されているイヤホンという事も知りまして
興味本位で今回実際に購入してみた次第です。
(恥ずかしながらちょっと調べてみると知る人ぞ知る銘機の様ですね…ぬう…)実際に実機を手にとって見てみると私の手持ちのインナーイヤー型のイヤホンに比べて
明らかに高級感といいますか独特の存在感を放つ雰囲気の良さといいますか…
とにかく見た目に関しては流石SENNHEISERといった完成度でした。
(インナーイヤー型のイヤホンは基本的にプラスチッキーな外観のものが多いので…)特にこのプラグ周りのロボット的なギミックと分岐部分のごついボリュームコントロール付き
という仕様はなんとも言えない良さを感じました。私はこういうギミック系が大好物です。
ボリュームコントロールはどの位置が標準なのか今の所よく分かっておりませんが
とりあえずコントロールのスライダーをプラス/マイナス方向に動かすと想像よりも
音量の増減の幅(音質の変化)がありました。使いようによっては中々便利そうな仕様ですね。

購入した当初このスライダーが最小の位置で止まっていたみたいで物凄く音量の取りにくい
イヤホンだと勘違いしてしまったのは内緒です。笑

DAPはシャンリンのM2です。相性は…どうでしょう…。笑手持ちのPCDPとの相性が非常に良かったのでとりあえず小一時間ほど色々な曲を聞いてみました。
個人的に中々良い印象だったのですが最近話題のVE MONKの時の様な初めて聞いた時の
おお!!むむ!!といった衝撃みたいなものは特に感じませんでした。(音質傾向は違いますが)
かなり期待して購入したイヤホンでしたのでそこは少々残念でした。。(´・ω・`)汗
まだまだ聞き込んでいない段階ですので感想などはまたいつか載せたいと思います。
手持ちのインナーイヤー型イヤホンが徐々に増えてきたので色々比較してみても面白そうです。
インナーイヤー型のイヤホンは大きく外れることが少ないイメージがあるので
これから先もちょくちょく買っていきたいなと思います。(*^^*)
…実は既に購入しているモノもあるので来月辺りには届くはずなので楽しみです!!

それではまた次回。


・移行後記
今回から始まりました編集後記ならぬ移行後記です。
この記事はブログを始めた初期の頃に書いたという事もあってか
全体的に酷い(恥ずかしい)仕上がりだったので移行しないでもいいかな…と思ったのですが
少し文章がおかしい部分(今の私っぽくない部分)の修正+移行後記を付け加えて載せてみました。
基本的に自分の記事を読み返すことは無いのでなんともこっ恥ずかしかったですが…。笑
今回のSENNHEISER MX985ですが残念ながら今はもう既に手放してしまっております。
所有していた時は結構気に入っていてPCDPと合わせて一時期かなり使っていた記憶がございます。
最近はインナーイヤー型のイヤホンも中華系の台頭によって割りと一般的な存在に
返り咲いている様な気も致しますので今後名器と言われるような機種が出てくるのか…楽しみです!!

REV.


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です