【レビュー】シングルダイナミック型プロフェッショナルインイヤーモニター『Mackie MP-120』を試す

REVくん

ご覧頂きありがとうございます。REV(@forREV)です。
本日はインイヤモニター(レビュー用デモ機)のレビューをして行きたいと思います!!

OJISAN

その1:商品について

REVくん

早速ですが…今回レビューする商品は何ですか?
今回レビューする商品はインイヤーモニターのMackie MP-120です。まずは商品の概要などを詳しく見ていきたいと思います。

OJISAN

※以下メーカー商品ページより引用

まえがき

皆様、はじめまして。

 

REV69.COMの管理人「REV」と申します。

 

普段レビュー前にこの様な「まえがき」は載せていないのですが、今回レビューする商品はアーティストさんがステージ上で使用することを想定した商品なので、レビューを始める前に少し私自身のお話をさせて頂きたく存じます。

 

まず私自身アーティストでは無く、作曲は勿論、楽器演奏のスキルも殆ど持ち合わせておりません。

 

チューナーを使ってギターのチューニングが出来るか出来ないか…F(コード)の音を綺麗に出せるか出せないか…そんなレベルの人です。

 

イヤホンに関しては普通の人よりもちょっとだけ好きな人なのですが、マニアではございません。

 

つまり私(REV)は、オーディオに関して「専門的な」「プロフェッショナルな」人ではなく「ただの素人」になります。

 

今回はそういった人間のレビューになりますので、予めご了承の上ご覧頂ければ幸いです。m(_ _)m

Mackie (マッキー)について

革新を起こす総合音響機器メーカー

MACKIEが伝説的な名機「CR-1604」を発表してから20年以上が経過しました。

それ以前のトレンドは安くてノイズの多いミキサーか、予算を十分に持つリッチなスタジオにしか手が出せないような高額なミキサーばかりでした。グレッグ・マッキーが送りだしたこのコンパクトミキサーは、クオリティを損なわず、手頃な価格でミキサーを提供するという彼の持論が正しかったことを証明したのです。

物を創る才能。エンジニアリングの才能。品質管理の才能。音楽をこよなく愛し、自身もミュージシャンである人たち。プロオーディオを知り尽くした百戦錬磨な人たち。

ミキサーを使用していくうちにどの機能が必要でどの機能が不要かを知る現実主義者。そして、長い間、ユーザーに支持される製品を作るためにニーズを的確に掴みとる人たち。これらプロ意識を持つ集団であると共に、MACKIEには遊び心の両方を持ち合わせた風土があります。

ミキサーを始めスピーカーとレコーディング機器の分野で高いシェアとブランド力を誇るMACKIEは、本国アメリカを始め、世界各国でその品質、信頼性を高く評価されており、その豊富な製品ラインアップは個人ユーザーからプロオーディオまで幅広いユーザーを虜にしています。

Mackie MPシリーズについて



・ 最大のパフォーマンスを高遮音インイヤモニターで
ライブパフォーマンスなどステージ上で正確なモニタリングを行うにはインイヤモニターを使うことが究極の解決策です。Mackie MPシリーズは一日中装着可能な快適性があるにもかかわらず、最高のパフォーマンスを実現する明瞭度の高いサウンドを提供します。

・ 新しいカテゴリーでもMACKIEの経験や実績、技術をステージ上のアーティストへ
Mackieはミキサーからスピーカーまで数多くのプロフェッショナルオーディオを長年にわたり設計開発してきました。この経験と実績を基にステージ上のアーティストが最高のパフォーマンスを演じることが可能な高遮音性インイヤーモニターイヤホンを開発しました。
緻密にチューニングを施したドライバーユニット、人間工学に基づき設計したデザイン、モールドされた薄型のエンクロージャーを採用し、装着時の快適さ、高い遮音性、最適な低域周波数再生を実現します。
ステージ上でも的確なモニタリングが可能なインイヤモニター、それがMackie MPシリーズです。

REVくん

Mackieさんが今まで培ってきた経験と技術を反映させたインイヤーモニターイヤホンが今回のMP-120/MPシリーズということですな!!

仕様

•  ドライバータイプ: シングルダイナミック
•  ケーブルコネクター: 回転可能MMCX
•  インピーダンス: 32 Ω
•  感度: 102 dB
•  周波数特性: 20 Hz – 20 kHz
•  ノイズ減衰量: 最大40dB

MP-120には1基の大きなダイナミックフルレンジドライバーを採用しました。
高域とボーカル帯域の明瞭度を損なうことなく豊かな低域を再生するのに最適なドライバーです。MP-120は低域から高域までバランスの取れた優れたサウンドを提供します。

MP-120はMPシリーズの中で最も安価な位置付けのイヤホンになりますが、音質的な優劣で値段が決められてるタイプなのか、音質傾向や仕様違いで値段が決められてるタイプなのか非常に気になる所です。

OJISAN

特徴

• プロフェッショナルデザイン
人間工学に基づき設計、モールドされた薄型のエンクロージャーを採用し装着時の快適さ高い遮音性最適な低域周波数再生を実現

• 精度の高いダイナミックドライバー
反応が早いフルレンジサウンドを実現する高性能シングルダイナミックドライバーを搭載

• アーティスト向けサウンド
MP-120はミュージシャンやアーティストがステージ上で求めるパフォーマンスと快適性を実現

• ハイファイケーブル
編組シールドケーブルを採用し高耐久性と高音響特性を実現
着脱・回転可能なMMCXコネクターを採用し快適性と耐久性を向上
パフォーマンス途中で耳から落ちにくいオーバー・イヤーデザインを採用

• パーフェクトフィット
耳のサイズに合わせて選択可能な3サイズのイヤーチップを同梱。快適なフィットと高い遮音性を実現
イヤーチップは素材の異なる3種類(フォーム/シリコン/ダブルフランジ)をそれぞれ大・中・小と3サイズ合計9セット同梱

REVくん

遮音性と装着感に関してはかなり期待できそうなイヤホンですな!! イヤーピースが素材違いで9セット同梱されている点も見逃せません!!

その2:商品チェック

化粧箱

非常にしっかりとした化粧箱です。開封前に思わずニヤけてしまいました…。

OJISAN

いざ開封!!

REVくん

…こ、これは…完全に開封が楽しすぎるパターンのやつですな!! ワクワク&ドキドキ!!(^o^)

付属品

付属品
・ イヤホン本体

・ ケーブル (MMCX仕様)

・ イヤーピース (9セット)

・ ハードケース (カラビナ付き)

・ 変換プラグ (ステレオミニ→ステレオ標準)

・ マニュアル

付属品をそれぞれ詳しく見ていきたいと思います。

OJISAN

マニュアル / 変換プラグ / イヤーピース

イヤーピース詳細

イヤーピースは、素材の異なる3種類(フォーム/シリコン/ダブルフランジ)それぞれ大/中/小と3サイズ合計9セット付属しています。

OJISAN

ハードケース

REVくん

物凄くしっかりとしたつくりのタフなハードケースですな…。凄い…。
ちなみにケースの内側はウレタンになっていて衝撃を吸収してくれます。またカラビナは着脱可能です。

OJISAN

イヤホン本体 / ケーブル


MP-120はオーバー・イヤーデザイン(ケーブルを耳の上に掛けるタイプ)のイヤホンになります。ケーブルは網組シールドを採用し高耐久性高音響特性を実現しており、着脱/回転可能なMMCXコネクターを採用しています。

OJISAN

ハウジング (イヤピース有り)

MP-120は、人間工学に基づき設計/モールドされた薄型のエンクロージャーを採用しています。またハウジングはピアノブラックでやや光沢がある感じなのですが、指紋(皮脂汚れ)はあまり目立たない印象でした。

OJISAN

ハウジング (イヤーピース無し)

しっかりとイヤーピースを固定することが出来るので、イヤホン本体(ステム)からイヤーピースが外れにくくなっています。

OJISAN

REVくん

立体的で全体的に丸みを帯びているハウジングですね。これは装着感が非常に良さそうですな…。

耳型に装着

シリコン製の耳型に装着してみました。耳孔にすっぽりとハウジングが収まるので、遮音性(密閉性)には非常に期待が持てそうです。正面から見た時に(ハウジングの大きさの割には)耳から飛び出さない感じは意外でした。

OJISAN

その3:感想

大満足のパッケージ

まずなんと言ってもMP-120は開封していてとても楽しかったです。(*^^*)

 

この販売価格でここまで凝ったパッケージと付属品の多さ、そして品質の高さを実現できているのは本当に素晴らしいと思いましたし、パッケージに関しては文句なしという印象でした。Mackieさん流石です!!

しっかりとしたハードケース

豪華な付属品の中でも特に感心させられたのがこちらのハードケースです。

 

非常にしっかりとしたつくりで、(Mackieさんといえばおなじみの…)例のランニングマンも真ん中にビシッといらっしゃいます。

 

この価格帯(一万円前後)のイヤホンで、この様なしっかりとしたハードケースが付属してくるイヤホンは非常に希少だと思いますし、Mackieさんがユーザーの事を第一に考えてものづくりをされているということが良く分かりました。(*^^*)

REVくん

(デモ機なので勿論試していませんが…)これだけしっかりとした作りなら、間違えてケースを踏んづけてしまっても中のイヤホンにはダメージが無さそうです。

タフなイヤホン

これは今回のMP-120に限らずMPシリーズに共通しているのですが、非常にタフな仕上がりのイヤホンとなっています。

 

ケーブルは(良い意味で)やや太めで断線しにくそうな皮膜で覆われていますし、MMCX仕様で着脱が可能なので、万が一断線してしまった場合でもケーブルを交換することによって通常通り使用する事が出来ます。

 

ステージ上で使用することを想定すると、神経質にならずにガツガツ使えそうですし、MP-120はまさにミュージシャンやアーティストがステージ上で求めるインイヤーモニターイヤホンなのかもしれませんね。

ただ私の様にMP-120を音楽鑑賞用途に使う場合、(ケーブルの取り回しは悪くないのですが)もしかするとケーブルの太さと質感的にちょっと邪魔だな…と感じるかもしれません。

OJISAN

遮音性は抜群!!

MP-120はインイヤーモニターイヤホンという事で遮音性が非常に高く、装着感も良好でした。

 

適切なイヤーピースを選択することによって、ある程度賑やかな/うるさい環境下であっても、外音は殆ど聴こえないレベルの高い密閉性が有ると感じましたので、恐らくステージ上でMP-120を使用してもキチンと音をモニタリングする事が可能だと思われます。

 

今回のMP-120に限らず、イヤホンのイヤーピース選びは非常に重要な事だと思うのですが、イヤーピース選定方法について(MackieさんのHP上で)PDFファイルが公開されておりましたので、ぜひ一度お目通しする事をオススメ致します。(Mackieさん独特のユーモアが炸裂していて面白いです)

参考 サポート資料 イヤーチップの選定方法Mackie

THE ダイナミック型サウンド!!

MP-120の音質傾向ですが、「インイヤーモニター」から想像されるスッキリとした「モニター系」の音質傾向ではなく、非常にダイナミック型ドライバー1発のイヤホンらしい「厚みの有る/元気なサウンド」のイヤホンという印象でした。(いわゆる寒色系ではなく暖色系)

 

インイヤーモニターイヤホンの場合、通常ダイナミック型ドライバーではなくBAドライバーが使われている機種が多いと思いますが、今回のMP-120は長時間音楽(音)を聴いていても聴き疲れしにくく、個人的にMPシリーズの中では1番好みなイヤホンでございました。

 

ダイナミック型のイヤホンがお好きな方であれば、音楽鑑賞用途でも十分に使えるイヤホンという印象でしたが、BA型のイヤホン(特に多ドラBA型イヤホン)がお好きな方ですと、若干音の粗さや解像度の面で不満が出る様な気が致します。

 

冒頭でも書いた通り、私はステージ上でモニターする機会は無く、あくまでもMP-120を音楽鑑賞用のイヤホンとして使ってみての感想になりますが、音楽鑑賞用のイヤホンとしても十分に魅力を感じる事の出来るイヤホンでした。

 

※デモ機の為当方の方でエージングは一切していない状態での感想になります。

MP120はMPシリーズの中では最もお安いイヤホンですが、値段が1番安い=音質的に劣っているという印象ではなく、MPシリーズは用途によって選択する/使い分けるのがベストだと感じました。

OJISAN

4:まとめ

『Mackie MP-120』はこんな商品です!!
・ 高性能シングルダイナミックドライバーを搭載したインイヤーモニター

・ 人間工学に基づき設計/モールドされた薄型のエンクロージャーを採用

・ 最適な低域周波数再生を実現

・ 網組シールドケーブルを採用し高耐久性と高音響特性を実現

・ 着脱・回転可能なMMCXコネクターを採用

・ オーバーイヤーデザインを採用

・ 快適なフィットと高い遮音性を実現

・ ミュージシャンやアーティストがステージ上で求めるパフォーマンスと快適性を実現

良い所
・ 付属品が充実していて満足度の高いパッケージ

・ 非常にタフなつくりのイヤホン

・ ダイナミック型らしいサウンド

今ひとつな所
・ BA型イヤホン好きの方にはあまりオススメ出来ない音質傾向

さいごに

Mackieさんの商品を実際に使うのは今回のMP-120が初めてだったのですが、Mackie製品は頑丈(タフ)という評判通り通り、非常にしっかりとしたつくりの完成度の高いインイヤーモニターイヤホンでございました。

 

「現場で使う道具」に求められている機能が集約された素晴らしい完成度の商品だと思うので、気になった方はまずMackieさんのHPをチェックしてみて頂ければ幸いです。

 

実は有り難い事に、今回ご紹介させて頂いたMP-120以外のMPシリーズも同時にお借りしましたので、次回はMP-220のレビューをさせて頂きたいと思います。(*^^*)

REVくん

本日は最後までご覧頂きありがとうございました。

それではまた次回!!