▼ 10/1 新サイト「 Pota Audio.com 」公開

【レビュー】低価格で高品質な金属筐体のインナーイヤー型イヤホン『MEMT X6S』を試す

REVくん

ご覧頂きありがとうございます。REV(@forREV)です。
本日はインナーイヤー型イヤホン(レビュー用デモ機)のレビューをして行きたいと思います!!

OJISAN

その1:商品について

REVくん

早速ですが…今回レビューする商品は何ですか?
今回レビューする商品はMEMT X6Sです。

まずは商品の概要などを詳しく見ていきたいと思います。

OJISAN

※以下AMAZON商品ページより引用

仕様

♫ 製品仕様:
カラー:ゴールド、ブラック、シルバー
型式:インナーイヤー
コントローラー対応OS: android/ Windows /Phone iOS
再生周波数帯域:20-20Hz
インピーダンス:32Ω ± 15%
感度:100dB ± 3dB
コード長さ:1.2M
接続端子:3.5mm L型ステレオ
♫ セット内容:
●イヤホン本体
●イヤーピース*2

今回レビューするMEMT X6Sのカラーは「ブラック」になります。

OJISAN

特徴

【ユニークな設計】
♥快適な小型、軽量のイヤフォンは人間工学に基づいて設計され、耳にぴったり、落下心配ないで、快適なフィット感を持つ、もっと音楽を楽しめる。高品質金属筐体の材質で、簡潔で綺麗、音響発生ユニットが外力によりダメージを受けず、耐久性が一番よくて、二重の金属筐体により雑音が削除できる。磁器吸引式を採用し、使わない場合には、右耳と左耳のイヤホンの頭同士をくっつけることができます。首にかけて、落ちるなどの心配は必要がなく、素晴らしいデザインです。

【値段以上の高音質】
ターボバスのエアベントで、深みのある豊かな低音を再現ターボバスのエアベントによる空気の流れで、深みのある豊かな低音を忠実に再現することができます。ソフトなケーブル(約1.2m)を使っており、使用中にケーブルがこすれる際に響いてくるタッチノイズもかなり低減されています.遮音性と音漏れ防止に優れているのでランニング、ジム、散歩、買い物中、勉強中、英会話また日常の気軽な使用に最適、マイクが付きで、音楽の再生/停止と通話の応答/切断も片手で操作でます。

【対応機種】
♥iPhone各機種 ,Android各機種、MP3、MP4、PC、iPad, Samsung、 Sony Xperia等3.5mm接続端子のスマホ適用できます。

【パッケージ内容】
♥高品質収納ポーチ袋 ※柔らかいイヤーピースが付属されています。耳へのフィット度合いによって音質と装着感に差が出ますのでぜひお試し頂き、ご自身に合うものをお選びください。

REVくん

ターボバスのエアベント…響き良いし凄そうですな…。

その2:商品チェック

化粧箱

REVくん

販売価格的にあまり期待していませんでしたが、非常にしっかりとした化粧箱ですね!! 素晴らしい!!

開封 〜 付属品

REVくん

封印シールまでついてるではないか…。
付属品
・ イヤーパッド 
・ プラグカバー
・ ケーブルクリップ
・ ユーザーマニュアル

イヤホン本体

非常にしっかりとした作りで高品質なイヤホンという印象です。

OJISAN

REVくん

インナーイヤー型のイヤホンにありがちな、プラスティッキーで安っぽいタイプでは無さそうですね!! ただケーブルの質感はちょっと好みが分かれそうな気が…。

ハウジング (イヤーパッド無し)

ハウジングにはマグネットが内蔵されているので、ハウジング同士を近づけるとカチ!!っとくっつきます

OJISAN

REVくん

細かな部分も非常に丁寧に作り込まれていて販売価格を感じさせないクオリティの商品ですな…。

ハウジング (イヤーパッド有り)

イヤーパッドを装着するとハウジングが一回り大きく感じます。個人的にインナーイヤー型のイヤホンは、色々な意味でイヤーパッド無しの状態が好みなので、出来ればイヤーパッドは装着したくないのですが果たして…。

OJISAN

耳型

REVくん

インナーイヤー型のイヤホンは、耳孔の形によってフィット感や音の聴こえ方が変わってきますし、装着感の良し悪しを判断するのは非常に難しいですよね…。
そうなんですよね…。私は特に問題なく装着することが出来ましたが、ハウジングが金属製なので少し重みを感じました。一般的なインナーイヤー型のイヤホンを装着できる方であれば、今回のMEMT X6Sも問題なく装着出来ると思います。

OJISAN

その3:感想

やや重いのとケーブルの質感が…

イヤホン本体の仕上がりに関しては、正直販売価格を考えると文句の付け所が無いのですが、(しいて言えば…)イヤホン本体が若干重いことと、ケーブルの質感が若干気になりました。

 

…でもこれは本当にしいて言えばの話で、一般的な(プラスティッキーな)インナーイヤー型のイヤホンと比べると、高級感も感じることが出来ますし、イヤホンとしてのつくりも良いので、あくまでも粗探しをしてみた場合のお話になります。

 

少なくとも私は、2000円前後という販売価格に対して十分な満足感を得ることが出来ました。(*^^*)

ちょっと珍しい厚みの有る音

インナーイヤー型のイヤホンは、さっぱり/すっきり/くっきりな音質傾向のイヤホンが多いですが、今回のMEMT X6Sはインナーイヤー型のイヤホンの中ではちょっと珍しい、厚みの有る音(語弊を恐れずに言うならばウォーム系)という印象でした。

 

ハウジングが金属製だったり、見た目的にちょっと聴き疲れする様なキツめの音を想像していたのですが、見事に予想が外れる結果となりました。ぬぬ…。(*_*)笑

 

正直聴いていて感動するほどの超高音質イヤホンという印象では有りませんでしたが、既にインナーイヤー型のイヤホンをいくつか所有している方でも、X6Sは(音質傾向的に)使い分けが出来る可能性がありそうです。(勿論お手持ちの機種の音質傾向にもよりますが…)

イヤーパッド無しでも好印象

インナーイヤー型のイヤホン全般に言えることだと思うのですが、基本的にイヤーパッドを取り付けた状態の方が、全体的な音のバランスが整ったり、インナーイヤー型特有のスカスカした感じの音の改善に繋がったり、音質面で好印象になる事が経験上多いのですが、私の感覚だと今回のMEMT X6Sはイヤーパッド無しの状態でも、そこまで不満なく/妥協せずに(←重要!!)音楽鑑賞をする事が出来る貴重なインナーイヤー型イヤホンでございました。

 

今までブログで何度も書いてきましたが、私は出来ればインナーイヤー型のイヤホンは、イヤーパッド無しの状態で使いたい人なので、これは嬉しい誤算(←見た目的に想像していた音質傾向と違ったので)でした。(*^^*)

 

因みにイヤーパッド無しの状態が好きな理由は、イヤーパッドが耳孔に直接あたる(密着する)感じ/ 肌触りが苦手だからです。

4:まとめ

それでは今回のMEMT X6Sのまとめです。

OJISAN

『MEMT X6S』はこんな商品です!!
・ 金属筐体のインナーイヤー型イヤホン
・ 人間工学に基づいて設計されている
・ ハウジングにマグネット搭載(くっつく)
・ ターボバスのエアベント
・ リモコンマイク付きケーブル

良い所
・ 2000円前後のインナーイヤー型イヤホンとして完成度が高い
・ イヤーパッド無しでもあまりスカスカな音にならない
今ひとつな所
・ 装着感が耳孔の形に左右される
・ 金属筐体なのでハウジングがやや重い
・ 好みが分かれそうなケーブルの質感

さいごに

今回のMEMT X6Sですが、開封から商品チェック、そして実際に音を聴くまでの一連の流れ全てにおいて、面白さ/楽しさを感じることが出来る大変満足度の高い商品でした。

 

音質のみを追求するのであれば、X6Sより高音質なインナーイヤー型イヤホンはいくつも存在すると思いますが、約2000円という販売価格を考えると、非常に良く出来たイヤホンだと私は感じました。(*^^*)

 

X6Sはインナーイヤー型イヤホンにお詳しい方(マニア層)に向けた商品では無いかもしれませんが、低価格帯のインナーイヤー型イヤホンを使い分けされたい(されている)方、インナーイヤー型イヤホンの入門機として、存在価値の有る商品だと思うので、気になった方はチェックしてみて頂ければ幸いです。

MEMTのイヤホンは以前『T5』もレビューしていますので、こちらも合わせてチェックして頂ければ幸いです!!

OJISAN

【レビュー】Apple EarPods(iPhone付属イヤホン)からのレベルアップに良さそうな『MEMT T5』を試す

REVくん

本日は最後までご覧頂きありがとうございました。

それではまた次回!!