今日の一言「おじや」

Xiaomi Mi Earphone Pro



ご覧頂きありがとうございます。REVです。(´・ω・`)
本日はXiaomi Mi Earphone Pro(Demo)の商品チェックをして行きたいと思います。
グラミー賞を4度受賞した経験を持つチューナーのLuca Bigard氏にチューニングを依頼した
1BA+1DDのハイブリッド型イヤホンという事でかなり楽しみなイヤホンです。(*^^*)
それでは早速商品チェックの方進めて参りたいと思います!!



化粧箱正面。イヤホン本体が見えるタイプです。

非常にシンプルなデザインの化粧箱です。

化粧箱背面。

化粧箱を斜めから。比較的小さめの化粧箱です。

取扱説明書を取り外して中身の方見ていきたいと思います。

いざ開封です!!すすすすすうー…。

白い内箱を取り出しました。イヤホン本体のお目見えです。
内箱の裏側を開けてみると付属品などが入っていました。

内箱の中身を全て取り出しました。まずは付属品からそれぞれ見ていきたいと思います。

取扱説明書。(日本語表記ナシ)

取扱説明書。(日本語表記)

イヤーピース。

イヤーピースは4ペア/4サイズ付属しています。
イヤーピースの品質はMi earphone Basic同様素晴らしいです。

イヤホン本体です。ケーブルが布スリーブ仕様で取り回しが気になる所です…。

ケーブルをほどいてみました。やはり布スリーブ特有の収まりの悪さが気になります…。
プラグ(ストレート)/ケーブル分岐部分。
ケーブル分岐部分から下が布スリーブ仕様になっていて
ケーブル分岐部分から上は一般的なゴムゴムな感じのケーブルになっています。
リモコン部分はMi earphone Basicと違い3ボタン仕様です。
ハウジングの色と質感が合っていて(同じ)統一感を感じます。
後ろ側にマイクの孔が1つあいています。
ケーブルですがやはりちょっと絡まりやすいかなという印象です。うーん…。汗
続きましてハウジング部分を見ていきたいと思います。
余談ですが今回は新品では無くDEMO機という事も有ってかハウジングの片側に汚れ?がついていました。

ハウジングの仕上がりはMi earphone Basic同様素晴らしいです。
値段を感じさせない仕上がりだと思います。(*^^*)
もう少しアップでハウジング部分をぐるりと一周見ていきたいと思います。
正面に楕円形の孔が1つあいています。

反射していて見づらいですがHD AUDIOの文字が。
内側にL/R表記があるのも同じですし基本的にMi earphone Basicと同じタイプの形状のハウジングです。
ハウジングとケーブルの接合部も綺麗な仕上がりです。

イヤーピースを取り外しました。

 フィルターは金属製のメッシュ仕様です。
若干Mi earphone Basicよりもハウジング(筐体)が長いかなといった印象です。

どの角度から見ても美しい仕上がりのハウジングです。
耳型の登場です。Mi earphone Basicとケーブルの出る場所というか形状が違いますが
装着感はほぼ同じかなという印象でした。(個人的に装着感は中々良いと感じました)

正面から見た時はMi earphone Basicの方がスッキリとした見た目だと思います。

日本語がちょっと変ですがハウジングの(ぷっくりとした)外周部分が補助的に耳孔にフィットする感じの装着感です。
以上で商品チェック終了になります。お疲れ様でした。m(_ _)m



今回は前回のMi earphone Basicと比較しながら感想を書いていきたいと思います。
今回のMi Earphone Proは最近流行りの(!?)1BA+1DD仕様のハイブリッド型イヤホンなのですが
それに加えて非常に興味深いのがグラミー賞を4度受賞した音楽プロデューサー/音響エンジニアの
Luca Bignardi氏にチューニングを依頼して作られたイヤホンだと言うことです。
音のプロがチューニングしたイヤホン…これは非常に楽しみですよね。(*^^*)
…という事で非常に期待値が高い状態(若干前のめり気味な状態)で試聴させて頂いたのですが
前回のMi earphone BasicにBA型ドライバーの音を足して音のメリハリやボーカル(声)の
聞き取りやすさをアップさせたような音質傾向のイヤホンだなという印象でした。
なんといいますかMi earphone Basicの音と全くの別物という感じではなくて
あくまでもMi earphone Basicの音にBA型ドライバーの音を足した様なイメージだったので
若干肩透かしをくらった感(全くの別物を期待していたので)はありましたがMi earphone Basicよりも
シャッキリとした感じでボーカルが少し前に出てくる様な印象でMi earphone Basicで感じた不満点を
少しだけ解消したようなチューニングのイヤホンだと感じました。
ただ全体的に音の余裕があまり感じられずやや窮屈な感じの鳴り方だと感じたので
(あまりこういう表現は好みではないのですが)この辺りは値段相応かなあという印象でございました。
恐らくハイブリッド型のイヤホンが流行りだした初期の頃に作られた製品だと思うのですが
私が今まで聴いた事のある他メーカーのハイブリッド型イヤホンと比べてしまうと
正直全体的な音のチューニングの完成度に関しては今ひとつかなと言うのが正直な所でした。

また装着感に関してはMi earphone Basicとほぼ変わらない印象で比較的好印象だったのですが
布スリーブ特有の取り回しの悪さ(上の写真の様にクルっとなってしまったり)がやや気になりました。
例えばポケットにワシャワシャっと適当に丸めて入れたMi Earphone Proを
取り出す時などは
ケーブルが絡まってしまって解くのがやや面倒(ストレス)だと思います。(装着する前にワンクッション入る感じ)



バンドものの楽曲などでボーカル(声)が少し前に出てきて欲しいという方には
今回のMi Earphone Proの方が前回のMi earphone Basicよりもおすすめ出来るかなという印象でした。
またこれは私の勝手な推測ですがMi Earphone Proの後継モデルが今後発売されたら
もっと全体的に音質面での完成度や満足度が高くなりそうな気がするので
実際に発売されるかは分かりませんが楽しみにしておきたいと思います。
それではまた次回。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です