「雑記」はコチラ!

634EARS Bullets(バレット) 耳穴を完全に密閉しないイヤホンが届きました!

はじめに

REVくん

ご覧頂きありがとうございます。REVです。
本日は...待ちに待った「アノ」イヤホンが届きました!というご報告になります!

OJISAN

その1:商品について

今回届いた商品は634EARS Bullets(バレット)」です。

OJISAN

REVくん

Bullets(バレット)…弾丸…この形状…なるほど!そういうことか!
Bullets(バレット)は「耳穴を完全に塞がない」タイプのイヤホンです。強いて言うならカナル型イヤホンに近いかもしれません。

OJISAN

REVくん

商品の詳細については、634EARS 公式サイトをご参照下さい。
参考 Bulletsのトリセツと解説634EARS 公式サイト

その2:商品チェック

せっかくなので軽く商品チェックをしていきたいと思います。
「大変お待たせいたしました」の絵が可愛いですね。

OJISAN

REVくん

付属品の写真を撮り忘れてしまったのですが、上の写真に写っているセミハードケースの他に、シリコン製のイヤーピース(帽子みたいにかぶせる感じのやつ)が1ペア付属していました。
こちらが「634EARS Bullets(バレット)」本体になります。非常に美しい仕上がりです。

OJISAN

REVくん

毎度のことながら、ハンドメイドとは思えないクオリティーです。ブラボー!!
Bullets(バレット)という名前の通り、イヤホン本体は「弾丸」の様な形をしています。他に似ているイヤホンが無い、オンリーワン感がすごいですね。

OJISAN

REVくん

カナル型イヤホンでもインナーイヤー型イヤホンでもないのですが、このまま先端部分(木材の部分)を耳穴に入れて装着するイメージです。
「先端が硬くてなんだか耳穴が痛くなりそう…」と思う方もいらっしゃると思いますが、意外と装着感は悪くないイヤホンです。木材(自然素材)だからですかね?

OJISAN

REVくん

…というかむしろ「耳穴を完全に覆わない」ので、密閉されすぎず、個人的には結構好みな装着感だったりします。

その3:感想

「耳穴を完全に密閉しない」という発想が面白い!

まだ届いたばかりなので、もう少し使い込んでから後日使用感のレビューをしたいと思っていますが、とりあえず届いて1時間位使ってみた「初日の感想」を少々。

OJISAN

REVくん

私はカナル型イヤホンよりも、インナーイヤー型やAppleのAirPodsの様な装着感の方が好みなのですが、Bullets(バレット)はカナル型イヤホンとインナーイヤー型イヤホンの中間の様な存在のイヤホンだと感じました。
「耳穴を完全に覆わない」と聞くと、スポンジ製イヤーパッドを装着しないインナーイヤー型イヤホンの様なスカスカした音をイメージされる方が多いと思いますが、Bullets(バレット)はどちらかというとカナル型イヤホンに近い音の聴こえ方のするイヤホンだと思います。

OJISAN

REVくん

先端(木材の部分)をどの程度耳穴に押し込むかによって、音の印象は大分変わりますが、あまり押し込みすぎない感じでラフに装着するのがこのイヤホンの正しい使い方なのかな…とか思ったり。
まだ自分にとってベストなポゼッション(押し込み具合)を見つけきれていないので、しばらく試行錯誤してみようと思います!

OJISAN

着脱しやすいMMCX端子!

Bullets(バレット)はMMCXで着脱可能・リケーブル可能なイヤホンです。(※上の写真に写っているケーブルは634EARSさん公式ケーブル)

OJISAN

REVくん

イヤホン本体側のMMCX端子が出っ張っているタイプなので、ケーブルの脱着がとてもしやすいのが好印象でした。
「MMCX端子が硬すぎてケーブルを取り外す際にMMCX端子が壊れてしまった…」という自体に陥らずに済みそうです。

OJISAN

さいごに

届いたばかりのイヤホンなので、もう少し使い込んでから改めて感想を書きたいなと思っていますが、とりあえず現時点でかなり気に入りました。

 

少しウォームな感じで厚みのある音なので、私が好きなロックなどバンド系の曲にも相性抜群ですし、刺激的な音質傾向のイヤホンではないので、疲れている時でも聴きやすい・使いやすいイヤホンという印象です。

 

もうすぐ元号が「令和」に変わりますが、「平成」最後に良いイヤホンと出会うことができました。大切に使っていきたいと思います!

REVくん

本日は最後までご覧頂きありがとうございました。

それではまた次回!!

参考 Bulletsのトリセツと解説634EARS 公式サイト