Pota Audio.com はコチラ!!

【レビュー】SHANLING ( シャンリン ) M2s ハイレゾ対応 ポータブルミュージックプレーヤーを試す

REVくん

ご覧頂きありがとうございます。REV(@forREV)です。
本日は小型ミュージックプレーヤーのレビュー(レビュー用デモ)をして行きたいと思います!!

OJISAN

合わせて読みたい記事

【レビュー】SHANLING M1 RED 手のひらサイズのハイレゾ対応ミュージックプレーヤーを試す
当ブログのSHANLING ( シャンリン )製品のレビュー記事一覧です。

OJISAN

その1:商品について

REVくん

早速ですが…今回レビューする商品は何ですか?
今回レビューする商品は…
『 SHANLING (シャンリン) M2s です。
まずは商品の概要などを詳しく見ていきたいと思います。

OJISAN

※以下 伊藤屋国際 商品ページより引用

製品概要

旧モデルのM2から小型化・軽量化を図るだけでなく機能面でも大幅な進化を遂げたハイレゾ音源対応ポータブルミュージックプレーヤー

3インチRetina HDディスプレイによる色鮮やかな画面表示

・ Bluetooth4.0 搭載、高音質・低遅延コーデックaptX(アプトエックス)対応

DSD256 をはじめ様々なオーディオフォーマットに対応 *1

双方向伝送をサポートしワイヤレスレシーバーとして使用可能

USBデジタル入出力をサポートし外部アンプへの出力(USBトランスポート *2)やUSB DACとして使用可能

*1 Bluetooth接続時のDSD形式ファイルはサポート外となります。
*2 USBトランスポートとしてご使用いただく場合には別途OTGケーブルが必要となります。

前回レビューしたM1に比べて本体サイズは大きくなります。スペック的にはM1同様まだまだ現役で使えるプレーヤーだと思います。

OJISAN

製品仕様

タイプ DSD対応ポータブルミュージックプレーヤー
ディスプレイ 3インチRetina HDディスプレイ (480×800)
DSD再生 DSD256 (Bluetooth接続時は非対応)
DAC機能 PCM最大384kHz/32bitまでサポート
Bluetooth Bluetooth4.0 (対応コーデック:SBC、aptX)
DAC IC AK4490EQ
AMP IC TPA6120
LPF IC MUSE8920
ゲイン LOW/HIGH
対応フォーマット APE、FLAC、ALAC、WMA、AAC、OGG、MP3、WAV、AIFF、DSF、DIFF、etc
サンプリングレート 44.1kHz~384kHz
出力端子 3.5mmステレオミニジャック
出力 130mW@32Ω/12mW@300Ω
THD+N 0.003% (A-weighting、出力500mV)
感度 >108dB
ダイナミックレンジ >108dB
出力インピーダンス 0.1Ω
チャンネルセパレーション 75dB 32Ω
外部メモリ 最大256GBのmicroSDカードをサポート
バッテリー 1,800mAHリチウムポリマーバッテリー
連続再生時間 約9時間
サポートOS Windows XP/7/8/10 (32/64bit)
MacOS X バージョン10.7以降
サイズ W53 x H85.6 x D14.5 mm
重量 約100g
付属品 充電/データ転送用USBケーブル(TypeC-TypeA) x1本
カードリーダー x1個
保護フィルム(表面・裏面) x各2枚
クイックスタートガイド x1枚
説明書 x1冊
保証書 x1枚
型番/JANコード/色 M2s BK set (4562481515900、ブラック初回限定特別パッケージ)
M2s BL set (4562481515917、ブルー初回限定特別パッケージ)
M2s RD set (4562481516174、レッド初回限定特別パッケージ)
M2s BK (4562481515825、ブラック)
M2s BL (4562481515832、ブルー)
M2s RD (4562481515849、レッド)

以前レビューしたM1同様、今回のM2sもタッチパネル操作には一切対応していないのでご注意下さい物理的なボタン操作オンリーになります。

OJISAN

注意
見た目に反してタッチパネル操作には一切対応していないのでご注意を!!

その2:商品チェック

化粧箱 (パッケージ)

それでは商品チェックの方進めて行きたいと思います。
まずは化粧箱からです。

OJISAN

REVくん

…ふむふむ。SHANLING(シャンリン)製品らしいしっかりとした化粧箱ですな!! (・へ・)

付属品

付属品
・ 充電/データ転送用USBケーブル(TypeC-TypeA) x1本
・ カードリーダー x1個
・ 保護フィルム(表面・裏面) x各2枚
・ クイックスタートガイド x1枚
・ 説明書 x1冊
・ 保証書 x1枚

REVくん

USB Cなケーブルと保護フィルムが付属してくるので、他に買い揃える物が少なくて良いですな!!
…カードリーダーに書かれている文字が、なんとも言えない雰囲気を醸し出していますね…。

OJISAN

M2s ( 本体 )

ここからはM2s本体を詳しく見ていきたいと思います。以前レビューしたM1と比べると、本体サイズが一気に大きくなりましたね。基本的なデザインはM1と同じ系列というイメージです。

OJISAN

REVくん

確かにM1と比べるとM2sの方が大きいですが、この位の大きさの方が操作しやすそうな気が…。(・へ・)
もう少し寄ってM2s本体を見ていきたいと思います。歴代のSHANLING (シャンリン)製品同様、筐体の作りが美しく高級感を感じる仕上がりです。

OJISAN

REVくん

…ふむふむ。ボクM1よりM2sのデザインの方が好きかもしれないです!!
それにしても細部の作りの良さは本当に素晴らしいですね。…何時間でも眺めていられそうです…。

OJISAN

REVくん

M2sはギリギリ(私の)手のひらサイズ…といった感じでした。ちょっと分厚めのスマートフォン的なサイズ感です。

操作してみる


M2sを適当に操作しながらカメラにケーブルを繋いでリアルタイムに録音してみた…という動画になります。

OJISAN

REVくん

M1より本体が大きいのでM2sの方が操作しやすそうですね!! 画面の表示も綺麗だし、動作のレスポンスも悪く無さそうです。
MEMO
動画内の音に関しては、あくまでも参考程度にお願い致します。

その3:感想

丁度いい大きさのミュージックプレーヤー

M2sは以前レビューしたM1と比べ、本体の大きさが二倍近くある訳ですが、個人的にはM1よりM2sの方が各種操作がしやすいと感じました。

 

私は音楽を聞いている時も(選曲など)頻繁にプレーヤーを操作する人なので、勿論音質面も大事ではあるのですが、操作性の良さを重視してプレーヤーを選ぶように年々なってきています。

 

確かにM1のサイズ感は魅力ではあるのですが、逆に私にはちょっと小さすぎて、若干操作がしにくいなという印象だったのですが、M2sは手に持った時のフィット感が良く、しっくり来る感じがありました。(手の大きさや好みによると思いますのであくまでも私の場合のお話です)

M1は手に持った時に指が余る感じがあって、そこが今ひとつしっくり来なかったのですが、M2sはちょうどいい感じでフィットしました。

OJISAN

音質について

私はM2sの前機種であるM2もじっくり使わせて頂いたことが有るのですが、M2で感じていた不満点(イヤホンではノイズが気になり使いにくい/荒々しい感じの音)が見事に改善されている印象でした。

 

正直、M2はイヤホン/ヘッドホン問わず今ひとつ使う気にならないプレーヤーだったのですが、M2sはイヤホンでも大分使いやすくなっている印象を受けましたし、M1では殆ど感じることが出来なかった、音の立体感も感じることが出来たので、(今回同時にお借りした)M1/M2s/M3sの中では、総合的にM2sが一番気に入りました。(自分にはこれ位で丁度いい的な感じ)

 

ただこれはあくまでも私の場合の話であって、恐らく大多数の方は、M2sよりもM3sの方がより高音質(フラッグシップモデル/バランス出力搭載)に感じられると思います。

REVくん

M2sの音質傾向ですが、いわゆるフラットではなくドンシャリ/元気系という印象でしたので、M2sよりもM1の方が(使いやすさという意味で)音質面でしっくり来る方が多い様な気も致します。

美しいデザイン

私はM1/M2s/M3sの中で、最もM2sのデザインが気に入りました。

 

M1はベゼルの幅が太いのが気になりましたし、M3sはちょっと縦長過ぎて全体的なバランスがしっくり来なかったのですが、M2sはこの3機種の中で一番垢抜けた感じのデザインだと私は感じました。

 

M2sは、手に持った瞬間「おお…これカッコいいな!!」「もっと触っていたいな…!!」と感じさせてくれるプレーヤーでした。(…やはり私はプレーヤーに、音質よりもまずデザインや操作性を求めているんだなと再認識しました)

デザインは申し分ないので、これでタッチパネル操作にさえ対応してくれたら個人的には完璧なんですが…。

OJISAN

その4:まとめ

良い所
・ 美しいデザインと丁度いいサイズ感
今ひとつな所
・ タッチパネルじゃない

さいごに

恐らくM1/M2s/M3sの中で、最も人気のない機種は今回のM2sだと思います。

 

理由は上/中/下の中…つまり真ん中のモデルで、大きさ的にはM1、音質面ではM3s(バランス出力搭載)の方が魅力的ですし、あえてこの3機種の中からM2sを選ぶ理由が一見無さそう…なのですが、3機種全てを実際に使って見た結果、私が一番気に入ったのは今回レビューしたM2sでした。

 

私にとってM2sは、3機種の中で一番大きさが丁度良く、音質面も「これ位が丁度いいな…」と感じさせてくれる自分に合った(身の丈に合った)丁度いいプレーヤーでございました。(^_^)

 

気になった方はチェックしてみて頂ければ幸いです。

REVくん

本日は最後までご覧頂きありがとうございました。

それではまた次回!!