Pota Audio.com はコチラ!!

【ぷちレビュー】Venture Electronics MONK IE SMALLS&BIGGIE を試す

※この記事は旧ブログ(REV録)に掲載していたものです。



ご覧頂きありがとうございます。REVです。(´・ω・`)
昨日VentureElectronics MONK IE SMALLS&BIGGIEが届きました。
今回は到着したばかりと言うこともございまして開封してみました!!というだけの
お話になります。感想の方はある程度聴き込んでから書かせて頂く予定です。
個人的にVentureElectronics(以下:VE)のカナル型イヤホンの新作という事で以前から
楽しみにしていたイヤホンなので実際に試聴させて頂くのが非常に楽しみでございます。



普段仕様表を載せたりしておりませんが今回は私自身SMALLSとBIGGIEの
仕様上の違いが全く分かっていなかったことも有りまして載せてみました。
見た目は両者共に非常に似ていますがスペックはかなり異なっている様です。
この辺りの違いも含めての突っ込んだお話は次の機会に…。
(SMALLSとBIGGIEついてはこちらから商品ページに飛べます)




…という事で開封して中身の方を確認していきたいと思います。
化粧箱は特に無く上の写真の様な状態で中国から届きました。

まずこちらの白いセミハードケースの中身から。

大量のイヤーピースが入っていました。
ダブルフランジやトリプルフランジタイプまで入っている辺り…楽しみです。

そしてこちらのガンメタリックなハードケース。

ヘアワックスのケースの様な質感/大きさです。

このケースの中にはイヤホン本体がそれぞれ入っておりました。

黒いハウジングの方がBIGGIEになります。

白いハウジングの方がSMALLSになります。

そして大量のケーブル類が入っておりました。…凄い量です。

まずこちらは黒いリモコン付きの3.5mm仕様のケーブルです。

こちらは2.5mm4極仕様のバランスケーブルです。

こちらも2.5mm4極仕様のバランスケーブルです。凄い色合いです。

こちらは2.5mm4極のバランス端子から3.5mmシングルへの変換ケーブルになります。



今回は本当に開封だけの到着報告みたいな感じで終わりになります。m(_ _)m
これからじっくりと聴き込んでみてから私なりの感想を書きたいと思っております。
…とここで終わってしまうと少し寂しいのでちょっとだけ試聴してみた感じの感想を。
(本当にちょっとだけしかまだ試聴出来ていないのでその辺りは予めご了承下さい)

まずSMALLS(白い方)に関してはイヤーピースとケーブルの選定がかなり肝になりそうで
今後鳴らし込みでどう変わって来るのかも楽しみですがBIGGIE(黒い方)よりも
万人受けしそうな音/使いやすそうな(汎用性が高い)イヤホンという印象を受けました。
(出来ればアンプに繋げてあげた方が良い印象になりやすそうです)

続いてBIGGIE(黒い方)の方ですが初めて聴いた瞬間に(同社)ZEN的な攻略の難しさを感じました。
これは上手く鳴らすのがかなり難しそうな玄人向けイヤホンだと私は思います。
勿論DAPとの相性も重要だと思いますがどの道アンプは必須になってくると考えた方が良さそうで

至高の組み合わせを見つけるまでが大変でも有り楽しそうでも有るイヤホン…という印象です。
(…本当の力を発揮させてあげる為にはお金が掛かりそうです)

そしてどちらのイヤホンもそうなのですがステムの角度が結構エグい感じで
装着感は悪くないと思うのですがイヤーピースの選定はかなり重要だと感じています。

…そんなワケでちょっと聴いただけで感想を書くのは非常に危険というか
色々試してみてから感想を書かないと… なパターンのイヤホンだということが
少しでも…なんとなくでも…現時点で見て頂いている方に伝われば幸いです。
久しぶりにポタアンを買わないとダメかもしれませんねこれは…。(´・ω・`)笑

それではまた次回。