...しれっと活動再開!

【レビュー】KINBOOFI KBEAR DIAMOND ダブル複合クリスタルダイアモンド振動膜なイヤホンを試す

REVくん

ご覧頂きありがとうございます。REVです。
本日は中華イヤホンのレビューをしていきたいと思います!!

OJISAN

※レビュー用にサンプルを送っていただきました。

その1:商品について

REVくん

早速ですが…今回レビューする商品は何ですか?
今回レビューする商品は…『KINBOOFI KBEAR DIAMOND』です。

まずは商品の概要などを詳しく見ていきたいと思います。

OJISAN

※以下 AMAZON 商品ページより引用

製品概要

【デザイン】ダブル複合クリスタルダイアモンド振動膜を使い、重低音からクリアな中高音まで、音源を忠実に余すところなく伝えます。

【音質】:全域のバランスよく、低、中、高音域とも、原音に驚くほど自然に再現します。全帯域の解像感、中高域の透明感が非常にハイレベルです。素晴らしい使い勝手の良さと音質を実現しています。

【高い遮音性】:カナル型の設計により騒音を遮断し、軽量、安定性を兼ね備え。周囲の雑音や風切音をブロックし、深く豊かなサウンドを提供します。音漏れを抑えることで、通勤、運動など、他人に迷惑を掛けのこと全然心配しない

【解像度】解像度は高めです。密閉型にも関わらず広大な音場表現を可能としています。低音は相反してややウォームで、サウンド全体のバランスを重視しています。音の響きと広がりが綺麗なイヤホンをお求めの方にお勧めしたいです。楽器、声、エフェクティブな残響等、広がりを感じやすい振り分けになっています

REVくん

ダブル複合クリスタルダイアモンド振動膜の響きが良すぎて、他の情報が全く入ってこない…。
中華イヤホンにしてはやや高価なイヤホンなので、実際に試聴してみるのが楽しみです!

OJISAN

その2:商品チェック

それでは早速、KINBOOFI KBEAR DIAMONDの実機を詳しくチェックしていきたいと思います!

OJISAN

パッケージ

まずはパッケージ正面から。中華イヤホンのパッケージとしては豪華&大きめです。

OJISAN

REVくん

正面以外はシンプルなデザインとなっています。

付属品

化粧箱から中身を全て取り出して、付属品を確認していきます。

OJISAN

REVくん

ユーザーガイド。(日本語表記なし)

REVくん

セミハードケース。レザーに見えますがゴム(樹脂?)っぽい素材で出来ています。
MEMO
内側は起毛(ベロア系?)素材です。

イヤーピース。シリコン製とフォーム系合わせて3種類付属しています。

OJISAN

MEMO
中華イヤホンの付属品でよく見るイヤーピースです。品質は悪くない印象。

REVくん

ケーブルタイ。KB EARのロゴ入り。
ケーブルは2Pin仕様です。無骨な仕上がりですが、見た目よりも柔軟性があって柔らかいケーブルになります。

OJISAN

REVくん

プラグ部分とケーブル分岐部分。金属製です。

REVくん

ケーブルの編み込みは緩めです。色はやや光沢のあるシルバー。
MEMO
アップグレードケーブル的な、強そうな雰囲気のある仕上がりです。
耳掛け部分にワイヤーは入っていませんが、耳掛けしやすいようにクセが強めについています。

OJISAN

イヤホン本体

ここからはKINBOOFI KBEAR DIAMOND本体(ハウジング)を詳しく見ていきます。まずは正面から。

OJISAN

REVくん

ハウジングは金属製で高級感があります。カーボン柄×ブランドロゴのフェイスプレートが印象的です。
せっかくなので、ハウジングを色々な角度から見てみましょう!

OJISAN

REVくん

フェイスプレート含め、全体的に光沢のある仕上がり。中華イヤホン特有の垢抜けないデザインという印象は受けますが、値段相応の質感に仕上がっています

イヤーピースを取り外してみました。好みの問題だと思いますが、光沢のある金色ステム部分が中華イヤホン感MAX…。ちなみにフィルターも金属製です。

OJISAN

REVくん

ケーブルはしっかりと、隙間なく接続出来ました。いい感じです。
MEMO
イヤホン本体にケーブルをはじめて差し込むとき、差し込みがやや硬い印象を受けました。

REVくん

耳型に装着してみました。ハウジングが三日月型なので、装着感の好みが分かれそうな印象です。
以上で商品チェック終了です。お疲れ様でした。

OJISAN

その3:感想

REVくん

ここからは、実際にKINBOOFI KBEAR DIAMONDをしばらく使ってみた感想を述べていきたいと思います!

なんとなく高級感を感じる中華イヤホン

まず、見た目の話からで恐縮ですが、中華イヤホン特有のデザインではあるものの、販売価格相応(質感)のイヤホンだと感じました。

OJISAN

REVくん

ハウジングは金属製で高級感のある仕上がりですし、ケーブルもなんか強そうな仕上がりという…。
個人的にフェイスプレートのロゴがもう少し小さければ、デザイン的な満足度がもう少し高くなるんですが…。うーん…。

OJISAN

金属製ハウジングは好みが分かれそうな形状

ハウジングの形状的に、装着感はやや好みが分かれるタイプのイヤホンだと思います。

OJISAN

REVくん

カスタムIEMの様に、耳孔全体を覆ってくれる感じではなく、装着した際、全体的に少し隙間があくタイプのイヤホンです。

スッキリ&軽い音質傾向

音質傾向に関しては一聴してわかりやすく、(かなり)スッキリ・さっぱり目のいわゆる寒色系(クール系)だと感じました。

OJISAN

REVくん

ドライバーを沢山積んでいるタイプではありませんが、いわゆる「解像度」を求める方に好まれそうな音質傾向のイヤホンという印象です。
全体的に音が薄い・軽いのが私は気になりましたが、最近の流行りを取り入れつつ、値段相応な音質のイヤホンに仕上がっている印象を受けました。

OJISAN

REVくん

リケーブルやイヤーピース交換、アンプの有無など、環境次第で化けそうな、購入後もそれなりに長く楽しめるイヤホンだと思います!

その4:まとめ

良い所
・販売価格相応の満足感を得られる中華イヤホン
今ひとつな所
・中華イヤホンとしてはやや高価
・装着感の好みが分かれそう

さいごに

最近はワイヤレスイヤホンやらヘッドホンばかり使っていますが、たまに有線式のイヤホンを使うとやっぱりいいものですね。

 

ある程度高価(10,000円前後)な中華イヤホンですが、実際に使ってみて(総合的にみて)、販売価格に見合うだけのイヤホンに仕上がっているなと感じました。

 

私の場合、音質面で今ひとつしっくりこない部分(音に厚みがない)もあったのですが、気になった方は是非チェックしてみて頂ければ幸いです!

REVくん

本日は最後までご覧頂きありがとうございました。

それではまた次回!!

今回レビューした商品はこちら