Pota Audio.com はコチラ!!

【レビュー】ブログ写真/物撮り用背景として『k-outdoor 背景布』を試す

REVくん

ご覧頂きありがとうございます。REV(@forREV)です。
本日は背景布(レビュー用デモ)のレビューをして行きたいと思います!!

OJISAN

その1:商品について

REVくん

早速ですが…今回レビューする商品は何ですか?
今回レビューする商品は…

『 k-outdoor 背景布 撮影布 背景シート 商品撮影 人物撮影 全身撮影 布バック 0.9×1.5m 撮影スタジオ 生放送 自宅 写真館 写真撮影用 です。

まずは商品の概要などを詳しく見ていきたいと思います。

OJISAN

※以下AMAZON商品ページより引用

商品について

サイズ:0.9*1.5m

折り畳み可能、収納便利、持ち運びに便利な撮影布です。

新生児、子供、ペット、家族、恋人や商品撮影に最適です。

スタジオ感が強くて、自宅でも綺麗で高級感が漂う写真を取れます!

発表会、結婚式、パーティーや他の大きなイベントで装飾として利用できます。

REVくん

…なんだかやたら簡易的な説明しか書いてないですな…。(・・;)汗

その2:商品チェック

REVくん

こちらの背景布はAmazonで販売している商品ですが、中国から発送されますので、到着までに少し時間がかかりました。
注意
海外(中国)から発送されるので到着まで少々時間がかかる!!

REVくん

小さく折り畳まれた状態で届きました。…とりあえず畳み皺が気になる所です…。因みに上の写真は背景布裏面の写真になります。
 
こちらが背景布の表側になります。…これは何柄になるんでしょうね…。(・・;)汗

OJISAN

とりあえず机に背景布を広げてみました。背景布の大きさは1.5m×0.9mですが、私は物撮り(テーブルフォト)でしか使わないので、私がいつも撮影している環境に背景布を配置して何枚か写真を撮ってみました。

OJISAN

REVくん

とりあえず近くにあったものをいくつか並べてみました。…ふむふむ…。この背景布、色が綺麗ですな!!
ただどうしても少し寄って撮影した時に、背景布の畳み皺(折り目)が気になりますね…。うーん…。(*_*)

OJISAN

REVくん

上手く伝わるか分かりませんが、畳み皺(折り目)の感じをチェックしてみたいと思います。まずは広角から。真ん中の畳み皺が気になります。

REVくん

少し寄ってみました。先程よりも皺の感じが若干気になら…と言いたい所ですが、やっぱりクッキリ見えちゃってますね…。(*_*)
 

REVくん

ここまで被写体に寄ると、言われなければ気づかないレベルになりましたね。…でもよく見ると皺写っちゃってますね…。(*_*)
上の写真は最近REV69.COMで背景として使っている白いクッション材です。この白いクッション材ですが、背景の平行(線)を合わせる作業がいちいち面倒で、正直全く気に入っていなかったり…。

OJISAN

今回の背景布は色/柄的に、背景の平行(線)を合わせる作業から開放されて非常に楽なので、今後はこちらの背景布をメインに撮影していきたいなと思っております。

OJISAN

REVくん

因みにこちらの背景布は、ファイバー素材?(…で合ってるのかなこれは…)で出来ているので、いわゆる一般的な紙/布とはちょっと違う手触り/質感になります。

その3:感想

背景として使いやすい柄

恐らくカメラの背景布選びは、人それぞれ感性やセンスが違うので、今回ご紹介した背景布の色/柄が良い(使いやすい)と感じる方と、良くない(使いにくい)と感じる方、両方いらっしゃると思います。

 

ですので、あくまでも『私の場合は』のお話になりますが、今回の背景布は実際に撮影してみた結果、非常に使いやすい背景布だと感じました。

 

その理由は、背景布(柄)の配置(方向)をあまり気にせず使えるからです。

 

例えば木目(柄)の背景で写真を撮る場合、私はどうしても木目の方向(平行)が気になってしまうのですが、今回の背景布は平行をあまり気にせず撮影できる色/柄なので、撮影前の背景のセッティングの調整=ストレスから開放されました。

文章だと表現するのが難しいのですが、私にとっては木目(柄)系の背景など方向性が有るものよりも使いやすいと感じました。

OJISAN

やや折り目が気になる…

これは私が以前使っていた背景布と全く一緒の残念ポイントなのですが、畳み皺(折り目)が非常に気になります。

 

少し離れた位置から撮影すれば気にならない(背景がボケるので)と思いますが、例えばテーブルフォトなど近距離で撮影する場合、畳み皺を避けて撮影する必要があると思います。…ちょっとめんどくさいですよね。(^_^;)

 

以前使っていた背景布で一度皺を伸ばそうとアイロン(スチーム)をあてた事があるのですが、残念ながら全体的に生地が縮んでしまって、おまけに生地が全体的にポコポコと波打ってしまうという、やらなければよかった結果になってしまった過去がございます。(*_*)

 

…なので、こちらの背景布も畳み皺対策をされる際はくれぐれも慎重に…。

この畳み皺は永久的にとれないものと考えて購入した方がいいと思います。…なにかいい方法があれば良いのですが…。(^_^;)

OJISAN

その4:まとめ

良い所
・ 向きを気にせず使える背景布
今ひとつな所
・ 畳み皺(折り目)が非常に気になる

さいごに

今回ご紹介した背景布は、Amazonで約500円前後の格安で販売されている商品です。

 

販売価格に対しての満足度は高めの商品だったのですが、やはり私の様にテーブルフォト用に使う場合は、畳み皺対策は必須だと思います。

 

もしくは畳み皺がない部分をカットして/切り出して使うのもアリだと思います。

 

私はこちらの背景布の色/柄が非常に気に入ったので、今後(皺対策後に)積極的に活用していきたいと考えております。

REVくん

本日は最後までご覧頂きありがとうございました。

それではまた次回!!