【お知らせ】▼5/18 ブログ更新 ▼5/20迄 プレゼント企画第三弾(ラスト)開催中 

ステンレス削り出し筺体でフィルター交換式のBA型イヤホン『Yinyoo Audio T100』を試す

ご覧頂きありがとうございます。REV(@forREV)です。(´・ω・`)

原因はなんだかよく分かりませんが最近鼻詰まりに悩まされています…。

最初の頃は(もうかれこれ2週間位鼻詰まり状態)花粉症だと思っていたんですが原因何なんだろう本当に…。汗

REVくん

鼻の奥の方がデンジャラスな状態になっているのかな…。
鼻水は全然出ないんですよ…おかしいですね…。(*_*)

OJISAN

その1:商品について

REVくん

早速ですが…今回レビューする商品は何ですか?
今回レビューする商品はイヤホン(レビュー用サンプル)のYinyoo Audio T100です。まずは商品の概要などを詳しく見ていきたいと思います。

OJISAN

仕様

Product Name: Yinyoo T100

Brand: Yinyoo
Model: T100
Driver: Balanced Armature
Type: In-ear
Impedance: 18Ω
Headphone sensitivity:102±3dB
Frequency range: 20-20000 Hz
Interface: 3.5mm
Weight: 20g
Color: Metal
Headphones category: HIFI, Monitor

REVくん

T100は細々筐体の1BAイヤホンなんですね!!

特徴

超小型軽量設計による完璧な装着感高い遮音性

鼓膜に近いので綺麗でクリアな高音域、迫力がある低音域、広い音場、絶妙なボーカル位置をはっきり感じるとこが可能。

ステンレスを削り出しで筺体に使用。不要な振動を抑え、クリアな音質を実現しています。

・バランスドアーマチュア型では立体的な空間表現を実現。

ナイロン編みケーブルは耐久性もさることながら柔軟性も充分に備えており、取り回しやすいケーブル!

…なんとなく形状とスペックから音の想像はつきますが果たして…。

OJISAN

その2:商品チェック

REVくん

ここからは商品チェックをして行きたいと思います!!

化粧箱

こちらが化粧箱になります。
Yinyoo Audioのイヤホンは今まで何度かレビューして来ましたが、Yinyoo Audioおなじみの(!?)黒い箱でした。

文字が書いてあるだけのシンプルなデザインの化粧箱です。

付属品

イヤホンケース

セミハードタイプで少し大きめのケースです。
T100を収納するには十分過ぎる大きさだと思いますし、もう少し小さい方がいいという方もいらっしゃいそうなサイズ感です。

こちらはイヤーピース交換用のノズルフィルターです。
それぞれ別々に詳しく見ていきたいと思います。

イヤーピース (4ペア)
イヤーピースはシリコン製で色は透明感の無い白になります。
正面から見ると一般的なシリコン製のイヤーピースに見えますが、後ろから見ると軸の部分がかなり大きめというやや特殊な形状のイヤーピースになります。

交換用ノズルフィルター (3種類)
交換用のノズルフィルターは3種類(ゴールド/シルバー/ピンク)付属しています。
このノズルフィルターを交換することによって音の聴こえ方を物理的に変更する事が出来る訳です。
個人的にこういったノズルフィルター交換式のイヤホンは、どのノズルフィルターが基準なのか分からないモデルが多いので、実はちょっと苦手だったり致します。(*_*)

T100はノズルフィルターのチョイスが非常に重要そうなイヤホンですね。

OJISAN

本体

REVくん

いよいよ本体の商品チェックです!!詳しく見ていきたいと思います!!

こちらがT100イヤホン本体になります。
正直良くも悪くも実機を見る前に想像していた通りのイヤホンという印象だったのですが、思いの外ナイロン編み込みタイプのケーブルが太く、タッチノイズが非常に気になりそうな予感です…。因みにT100はケーブルの着脱が出来ないタイプなので
リケーブルする事は出来ません。

イヤーピースを付けた状態のハウジング
ハウジングは非常に小さく/細いのでイヤーピースがかなり大きく見えますね。
またステンレス削り出し筺体ということですが筐体の仕上がりは美しいと感じました。(角の仕上げも綺麗ですしケーブルの接合部分も綺麗に仕上げられていました)

イヤーピースを外した状態のハウジング

イヤーピースを取り外してみました。
ノズルフィルターは工具無しで簡単に取り外す事が出来ますし、各ノズルフィルターの加工精度も全く問題無かったです。(くるくると回して簡単に着脱が可能です)

REVくん

イヤホン自体のつくりはとても良さそうですね!!(*^^*)

OJISAN

はい。イヤホン自体のつくりは良いと感じました。いわゆる中華イヤホン特有の雑な感じやちゃっちい印象は受けませんでした。

耳型

耳型の登場です。
耳型にT100を装着してみるとよく分かりますが、イヤーピースでハウジング全体+ケーブルの重さを支える様な形になるので、装着感は好みが分かれそうな印象です。

その3:感想

REVくん

今回は『質感』『音質と装着感』の2つに分けてそれぞれ感想を書いていきたいと思います!!
なるべくシンプルにササっと書いていきますね。

OJISAN

質感について

質感に関しては商品チェックで何度も書いた通り全く問題ない印象でした。
ハウジングや分岐部分、プラグ部分が金属製なので安っぽい印象は受けませんでしたが、ケーブルに関してはタッチノイズがかなり気になる印象でしたのでその点は残念に感じました。

音質の話は一旦置いておいて、もう少し軽くて細いケーブルの方がT100(の形状)には合っている気が致しました。

OJISAN

音質と装着感について

まずノズルフィルターについてですが、ノズルフィルターを交換する事によってT100本来の音が激変するという感じではなくて、音のバランスを物理的に変えているだけ/微々たる変化/好みの問題だと感じました。

 

私の場合シルバーのノズルフィルターを使用した時の音が1番しっくり来ましたが、恐らく人によって(好みの音楽のジャンルによって)1番しっくり来るノズルフィルターが変わってくると思います。

 

音質に関しては1BAのさっぱり目の音という印象でしたが、特に感動するポイントは無く、沢山の楽器の音が重なり合う場面ではちょっとごちゃっとしてしまって厳しいかな…という印象でございました。

続いて装着感に関してですが、見た目通りイヤーピースをそのまま耳孔に突き刺すようなイメージで好みが分かれそうな印象でした。

 

T100の様な細々ハウジング(…と私が勝手に呼んでいる)系のイヤホンを他に使われたことがある方であればなんとなくこの感じが分かると思うのですが、私はこのタイプのイヤホンの装着感があまり好みでは無いのと、前述の通りT100のケーブルはタッチノイズが目立つ(気になる)ので外で歩きながら使うのはちょっとどうだろう…というのが正直な所でした。(室内で座って使用するのであればそこまで気にならないかもしれませんが…)

私が今まで聴いたことの有る細々タイプのイヤホンの中で今回のT100は『普通』という印象のイヤホンでした。

OJISAN

その4:まとめ

それでは今回のYinyoo Audio T100のまとめです。

OJISAN

『Yinyoo Audio T100』はこんな商品です!!
・1BA仕様の超小型軽量設計な細々イヤホン
・ステンレス削り出し筺体
・ナイロン編みケーブル
良い所
・全体的なつくり/加工精度が良い
今ひとつな所
・ケーブルのタッチノイズが気になる

さいごに

Yinyoo Audioのイヤホンは個人的に好印象なものが多いのですが、今回のT100に関しては『普通/並』という印象でした。

 

特に見た目の目新しさや音質面での感動は無かったのですが、T100の様な細々ハウジングイヤホンをまだ使ったことがない方で、フィルター交換式のイヤホンがお好きな方であれば選択肢の1つとしてT100は悪くない選択肢だと思います。


なんといいますかもう少しパンチといいますか、個性が有ればかなり面白いイヤホンだと思うのですが…うーん…。

REVくん

最後までご覧頂きありがとうございました。 それではまた次回!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です