今日の一言「おじや」

【レビュー】cheero Earphones with charging dockを試す



ご覧頂きありがとうございます。REVです。(´・ω・`)
今回はcheero Earphones with charging dock ライトニング端子イヤホン
同時に充電と通話/音楽再生可能 Lightning端子 イヤホン Apple MFi認証 二股
2in1 マイク内蔵 【 iPhone / iPad 各種対応 】(SAMPLE)の
商品チェックをして行きたいと思います。
充電しながら使用する事が出来るタイプのイヤホンは初めてなので非常に楽しみでございます。
という事で早速商品チェックの方していきたいと思います!!


 お洒落な雰囲気の化粧箱です。Cheero製品感があって良いですね。(*^^*) 化粧箱背面。仕様などが書かれています。 しっかりとしたパッケージで中の商品にも期待が持てそうです。(*^^*)厚みはあまり無く平べったい感じの化粧箱です。早速中身の方を見ていきたいと思います。ペロリ…。
 マグネット内臓の蓋付きタイプの化粧箱でした。 中身を取り出しました。 透明の台座からイヤホン本体と付属品を取り出しました。
それぞれ詳しく見ていきたいと思います。取扱説明書。(保証書も兼ねているようです)  裏面は英語表記です。 イヤーピース。 サイズはS/M/Lの3サイズが付属してきます。
イヤーピースの品質は中々良いと思います。
 続きましてイヤホン本体を見ていきたいと思います。
まずは束ねてあるケーブルを解きます。 とりあえず手に持ってみましたが想像していたよりも重量が軽くケーブルの取り回しも良好でした。
ただやはり想像通りと言いますか全体的に大きい感じは致します。
 今回のcheero Earphones with charging dockの(個人的な)最大のポイントは
iOS端末を充電しながら(給電のみでは無いのがミソ)使用することが出来るという点です。
別途Lightningケーブルを接続すれば充電しながらイヤホンで音楽が楽しめるワケです。 この様にLightning端子(メス)が付いています。 ここに充電用のLightningケーブルを接続するというワケです。 実際に手持ちのiPhoneSEに接続して試してみた所充電しながら音楽を再生することが出来ました!! ケーブルはやや太めですが取り回しは比較的良好でした。 リモコン部分は3ボタン仕様です。
Siriを呼び出したりカメラアプリ使用時のシャッターボタンとして使用する事も可能です。
 裏側にはcheeroの文字が。 ある程度しっかりとしたクリック感のあるボタンです。 ケーブル分岐部分。スライダーは無しです。 右側のケーブル分岐部分〜ハウジングの丁度真ん中辺りにマイクが付いています。 続きましてハウジング部分を見ていきたいと思います。
金属製という事もあって思いの外安っぽい印象は受けませんでした。
 ハウジング正面に視認性の良いL/Rマークが有ります。
ただこちらのL/Rマークに関してはちょっと残念だと感じた部分がございましたので後述致します。 もう少しアップで見ていきます。
ハウジングの大きさやデザインに関しては特に目新しさもなく至って普通な感じです。
ハウジングの背面(後ろ側)には孔が1つあいています。
またケーブルの付け根部分にもL/R表記が有りますが視認性は今ひとつという印象です。イヤーピースを取り外してみました。
ステムはやや太めで金属製のメッシュフィルター仕様です。
ハウジング全体の仕上がりはバリや傷など無く非常に綺麗でした。
 耳型の登場です。
THEイヤホンといった形状で至ってノーマルな感じの見た目のイヤホンですね。 先程書いたハウジングの残念なポイントですが正面から見た時に
L/R表記が正面側(手前)にきてしまってこれが結構目立つ…という事です。
個人的にこの点に関してはちょっと残念というか惜しい!!と感じた次第です。
 この角度から見るとよく分かると思います。うーん…。
なんだか見た目的によろしくない気がするのは私だけでしょうか…。汗
感想に行く前に…説明書を読んでいて気がついたのですが
「CheeroEar」という専用アプリが存在するようなのでダウンロードしてみたいと思います。


早速ストアからダウンロードしてみました。(※無料アプリです)
基本的に出来ることはイヤホン本体のアップデートとイコライザー(3種)の選択になります。
出来ることが色々あるアプリではないですがイヤホン本体のアップデートが出来るという
辺りがデジタル接続イヤホンの強みだと思うのでこういった専用アプリが存在するのは
非常に良いことだと私は思います。有線タイプだと出来ないですからね。(*^^*)
以上で商品チェック終了になります。お疲れ様でした。m(_ _)m


という事で実際に使ってみた感想を書いていきたいと思います。
まずイヤホン自体の作りや各種デジタルな部分の動作の安定感については
流石Cheeroといった所で特に気になる箇所はございませんでした。
個人的に充電しながら使用(音声の再生)した時に再生音にノイズが乗ってしまうかどうかが
非常に気になっていたのですが実際に試してみた所ノイズの混入は確認できませんでした。
また充電中だと音質が変わるという様な印象も有りませんでした。
この辺りはよく出来ているなあというのが正直な所です。
ストレス無く使うことが出来ると思います。(*^^*)
ただ実際に使ってみると…というか机の上に置いてみると分かるのですが
やはり充電用のコネクターが(使っていない時)邪魔に感じました。
家の中で使うのであればあまり気にならないかもしれませんが外で使う(ポケットに入れて使う)
場合この充電用のコネクター部分の取り回しがかなり気になると思います。(取り外し不可です)
なのであくまでも私の印象としては…ですが今回のcheero Earphones with charging dockは
家の中で充電しながら使うLightning接続のイヤホンで外に持ち出す(ポータブル)
タイプのイヤホンではないかなと…というのが正直な所でした。
もし充電用のコネクター部分が着脱可能な仕様であればまた違ったと思うのですが
やはりどうしてもLightning端子回りが落ち着かない感じがしてしまいました。(*_*)

今回はiPhoneSEを使って試聴させて頂いたのですが充電しながら
音声を再生できるというメリットに関しては十分に実感(体感)することが出来ました。(*^^*)
といいますのも私のiPhoneSEなんですがなんだか充電が全然もたないんですよね…。汗
なので充電しながら使えると言うのは物理的にも精神衛生的にも非常に良いなと感じたワケです。
音質傾向に関してはややこもった感じの〜とかウォームな感じの〜とかそういった印象でして
物凄く高音質なイヤホンでは無いと思いますが元気な感じの音なので(シャリの無いドンシャリ的な)
iOS端末での動画鑑賞用イヤホンの様な使い方が一番適している様な気が致しました。
くどいようですが充電しながら音声再生可能な事がcheero Earphones with charging dockの
最大の特徴(長所)だと思うのでそこにメリットを感じた方であれば大外れな商品では無いと思います。



Cheeroといえばモバイルバッテリー…ではなくイヤホンまで出されていたのには驚きました。
個人的には全体的な商品としての完成度は高いと感じましたし
細かい部分の不満も殆ど感じませんでしたので充電しながら音楽鑑賞をしたい方は
是非一度チェックしてみて頂ければ幸いです。(*^^*)
それではまた次回。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です