「雑記」はコチラ!

【レビュー】CCA CA4 ハイブリッド型イヤホンを試す

はじめに

REVくん

ご覧頂きありがとうございます。REVです。
本日はハイブリッド型イヤホンのレビューをしていきたいと思います!!

OJISAN

※レビュー用にサンプルを送っていただきました。

その1:商品について

REVくん

早速ですが…今回レビューする商品は何ですか?
今回レビューする商品は…CCA CA4 』です。

まずは商品の概要などを詳しく見ていきたいと思います。

OJISAN

MEMO
今回レビューする CCA CA4 は、ブルー・マイク無し仕様になります。

※以下AMAZON商品ページより引用

製品概要

【素敵な音質】
CCA CA41はダイナミック&1バランスド・アーマチュア2ドライバユニット(1BA+1DD) を搭載したカナル型イヤホン、3周波数のバランスがあって、人の声は非常に旺盛で、重低音、ハイブリッドタイプならでは、このイヤホンで聴くハイハットや、クラッシュシンバルの音などは、とりわけ秀逸です。

【高い遮音性】
しっかりと耳の奥までフィットし音漏れも軽減します。このイヤホンは良い遮音性で、スポーツ、ランニング、出勤中、通学中、旅行中などの各場面で活躍します;そして,ギフトとしてもグッドチョイスです。

【フィット感良いカナル型イヤホン】
人間工学に基づいた設計なので、耳の形にしっかり合わせて、フィット感がよいイヤホン。ジョギングしても落ちにくいです。また、フィット感の高いイヤーピースを採用して着け心地が抜群、長時間を掛けても、耳の疲れも減少できます。

【多機種対応できるイヤホン】
iPhone各機種、Android各機種、MP3/MP4、PC、iPad、iPod、Samsung、Sony Xperia等3.5mm接続端子のウォークマンなど対応できます。イヤホン本体も非常に軽く、耳に装着する部分はかなりコンパクトに出来ているため、どんな機種にもよく合います。

CCA のイヤホンを聴くのは今回が初めてなので、試聴するのが楽しみです!

OJISAN

仕様(スペック)

Product Name: CCA CA4 In-ear Earphone
Brand: CCA
Model: CA4
Earphone type: In-ear
Impedance: 23Ω
Earphone sensitivity: 107dB/mW
Frequency range: 20-40000Hz
Pin Type:0.75mm
Line Length: 120±5cm
Color: Black,Blue
Whether with cable: Yes
Whether can replacement cable: Yes
​Whether with mic: can choose

REVくん

安価なハイブリッド型イヤホンということで音質面(滑らかな音かどうか)が気になります。

その2:商品チェック

パッケージをチェック

中華イヤホンによくあるサイズの化粧箱です。フェイスプレートのデザイン・質感が中々良さそうなイヤホンなので期待!

OJISAN

REVくん

化粧箱背面にはスペックなどが書かれています。
CCA のイヤホンは今回が初めてですが、パッケージのデザインはいかにも中華イヤホンといったところでしょうか。でも個人的には悪くない印象だったり。

OJISAN

 

REVくん

中身を取り出して付属品から詳しくチェックしていきたいと思います!

付属品をチェック

CCA CA4 の付属品は下記のとおりです。

OJISAN

付属品リスト
● CCA CA4 イヤホン本体
● ケーブル
● シリコン製イヤーピース ×3
● 保証書
● 説明書

REVくん

保証書とユーザーガイド。
イヤーピースは中華イヤホンによくあるシリコン製の先端が凹んでいるタイプ(計3組)が付属しています。

OJISAN

REVくん

ケーブルは2Pin仕様です。…このケーブルどこかで見覚えが。
ケーブル分岐部分と3.5mmステレオプラグ。…K◯のイヤホンに付属してくるケーブルにかなり見た目が似ています。

OJISAN

REVくん

ケーブル側の2Pin端子のカバーが透明なので中がよく見えます。最近はこの凹タイプの2Pinが流行っているんですかね?
MEMO
耳掛け部分にワイヤーは入っていませんが、耳掛けしやすいように強めの巻グセがついています。
ケーブルは比較的柔らかめで取り回しは良好です。…なんというか本当にK◯のケーブルによく似た質感です。

OJISAN

CCA CA4 本体をチェック

REVくん

ここからは CCA CA4 本体(ハウジング)を詳しく見ていきたいと思います。
中華イヤホンによくある形状(IEMタイプ)のハウジングです。フェイスプレートの質感が安っぽくないせいか、それなりにちゃんとしたイヤホンに見えます。

OJISAN

REVくん

立体的な形状のハウジングなので装着感は良さそうです。ハウジングを正面から見ると結構イケてる感じなんですが、内側を見ると少し安っぽい感じ(中華イヤホン感)がします。

REVくん

イヤホン側の2Pin端子は凸型仕様です。埋込式の2Pin端子よりもしっかり接続できる感じがあって個人的には結構好きだったり。今後はこのタイプが主流になっていきそうな予感です。
イヤーピースを外しました。ステムは金属製で少し太く短めという印象です。ステムにほとんど角度はついていません。

OJISAN

REVくん

フィルターも金属製です。いかんせん付属のイヤーピースとステムの径が合っていない(ステムの方が明らかに太い)のが少し気になります。
付属のケーブルを挿しました。緩くて抜けやすいという感じは一切なくしっかりと結合されています。

OJISAN

MEMO
中華イヤホンの2Pin端子は硬すぎて上手く挿さらないものが多いですが、この個体に関しては全く問題ありませんでした。
ケーブルは柔らかく取り回しがいいので、この様にクルッと丸めて机の上に置いてもケーブルがごちゃっとなる事はありません。

OJISAN

REVくん

耳型に装着してみました。IEMタイプ(イヤーモニター)なので、耳穴にピッタリフィットして遮音性も高そうです。

REVくん

耳穴へのフィット感は良さそうなんですが、フェイスプレート部分がやや重いイヤホンなので、これが装着感にどう影響してくるのか…気になります。
以上で商品チェック終了になります。お疲れ様でした。

OJISAN

その3:感想

高級感を醸し出すフェイスプレートが印象的でした!

CCA CA4 は安価な中華イヤホンですが、金属製(だと思う)のフェイスプレートの質感がつや消しマットな感じでとてもいいんですよね。

OJISAN

REVくん

ただ正面(フェイスプレート側)以外の角度からよく見ると、「ああ…やっぱり中華イヤホンだ…」と気付かされるという…。
私は音質並にイヤホンの見た目や質感が気になるタイプなんですが、CA4 はこの質感でこのお値段なら買い!といいますか、ちょとだけ所有欲を満たしてくれる珍しい中華イヤホンだと思いました。

OJISAN

REVくん

勿論好みの問題は有ると思いますが、3,000円以下でこの質感のイヤホンを出せるあたり、中華イヤホンはやっぱり凄いですね。そして面白いです!

残念ながら価格なりのハイブリッド型イヤホンでした…

…質感や見た目に関してはとても好印象だったのですが、音質面に関してはあまりいい印象ではありませんでした。…物凄く悪いという訳では無いんですが…。うーん…。

OJISAN

REVくん

ハイブリッド型イヤホンに限らず複数のドライバーを搭載している(安い)中華イヤホンに多い、「全体的に音が滑らかじゃない感じ」が気になるイヤホンでした。
全体の音がちぐはぐで聞けたもんじゃない!…というレベルでは無いのですが、CA4 で長時間音楽鑑賞をしたいと私は思わないというか…。特に優れている部分を感じないというか…。

OJISAN

REVくん

音質傾向的には高解像度、繊細でクリアというよりも、ある程度雑な感じ・価格なりのハイブリッド型イヤホンの音という印象でした。正直CA4 よりも高音質なイヤホンは世の中に沢山あると思います。
良くも悪くも音質面に関しては価格なりのイヤホンだと私は感じました。ただCA4 はリケーブルに対応してるので、好みのケーブルとイヤーピースを見つけることが出来れば、そのルックス・質感の良さから使いたくなるイヤホンではあるかもしれません。

OJISAN

REVくん

CA4 は自分好みな音質のイヤホンではありませんでしたが、(…全く根拠はありませんが)なんとなくもう少し上の価格帯のCCAのイヤホンは結構良さそうな気がするので、いつか聴いてみたいなと思います。

その4:まとめ

良い所
・ 販売価格よりもちょっと高そうに見えるイヤホン
今ひとつな所
・ 今ひとつ記憶に残らない音質

さいごに

今回はじめてのCCAイヤホンでしたが、販売価格を考えるとイヤホン本体(ハウジング)の作りがとてもいいので、CA4 のこのルックスにぴーんと来たハイブリッド型イヤホン初心者の人にはオススメ出来る商品だと思います。

 

ただ、もう少し上の価格帯のイヤホンを普段使用されている方だと、音質面でどうしても物足りなさを感じるイヤホンだと思うので、ハイブリッド型イヤホン初心者でない方にはあまりオススメできないイヤホンかなかもしれません。

 

気になった方は是非チェックしてみて頂ければ幸いです。

REVくん

本日は最後までご覧頂きありがとうございました。

それではまた次回!!