Pota Audio.com はコチラ!!

Apple iPod nano 8GB MC691J/A を2018年に久しぶりに使ってみる

REVくん

ご覧頂きありがとうございます。REV(@forREV)です。
本日は、Apple iPod nano 8GB オレンジ MC691J/Aを久しぶりに使ってみた!!…というお話になります。

OJISAN

久しぶりに戻ってきた

今回は久しぶりに(!?)REVくんとOJISAN控えめな感じで、ゆる〜く書いていきたいと思います。…なんだかこの感じ久しぶりだな…。手ぬ…まあ…いいか…。(´・ω・`)汗

 

早速本題ですが、先日もう何年も前に身内にプレゼントした、iPod nanoの第6世代(…だったと思う)の電源が入らなくなって使えなくなったという連絡を受けまして、一週間ほど前に諸々の動作検証の為、私の手元に一時的に戻って参りました。

 

…で、早速充電してみたんですが、普通に電源が入って使うことが出来ました。…ぼ!?(._.)

 

同期も問題なく出来たし、バッテリーの持ちもそこまで悪く無さそうなんですが…なんでだろう…。オールOK、無問題です…。(._.)汗

 

…という事で、せっかく動いたので備忘録的な感じで、2018年にMC691J/Aを使ってみた雑感を書いておきたいと思います!!(・へ・)

…今回は私おやすみみたいです…。残念…。(._.)

OJISAN

REVくん

…ボクも今回はおやすみみたいです…。ガッテム!!(・へ・)

(一応) 商品チェック

一応商品チェック…というか実機の写真を見ながらちょこちょこと語っていきたいと思います。

 

私は当時このiPodが発表された時、「なんだこれ!!タッチパネル操作でこの薄さ!!」…といった感じで、中々の衝撃を受けまして、発売されて直ぐにシルバーの8GBモデルを購入致しました。

 

周りの友人(iPod Classic勢)からは小さすぎるだの、操作しづらいだの、コテンパン言われた記憶が有りますが、私はこのiPod凄く好きだったんですよね…。(^^)

今の若い子達からすると、ドックコネクター?なにそれ?…という感じだと思うのですが、いわゆる当時のLightningコネクターなやつです。当時から独自規格好きなのは変わりませんね…。(._.)

 

個人的にドックコネクターのガッチリハマる感じ、とても好きだったんですよね。(^^)

背面はみんな大好き林檎マークです。iPod自体はシンプルなデザインですが、それが故に、この林檎マークが効いていますね。(^^)

そしてなんと言っても、このモデル(世代)の一番の特徴は、背面がクリップ式になっているということです。

 

これ、物凄く便利なんですよね…。ちなみに背面がクリップ式になっていなかったら、私はこのモデルにそこまでビビ!!っと来ていなかったと思います。とにかくこのクリップが付いているという事が非常に重要な訳です。(・へ・)

比較的挟む力が強めなので、当時は、Tシャツの裾にパクっと挟んで使ったり、リュックの肩掛け部分にパクっと挟んだりして使っていました。…そうえいば特に落っこちてしまったという記憶が無かったり。

 

なんというか、(音質とかバランス出力の有無などは置いておいて)ポータブルオーディオプレーヤーって、これ位の大きさが、荷物にならなくてやっぱり良いですよね。

 

小さければ小さいほど良い…という訳では無いと思いますが、久しぶりにこのiPodを触っていたら、色々と思う所がありました。(^^)

久しぶり操作してみる

充電は問題なく出来て、電源もONにすることが出来たので、久しぶりに操作しつつ、音楽鑑賞してみました。…いやあ、懐かしいですね…。当時を思い出します…。(._.)

 

電源を付けて一番最初に感じたのが、「あれ?液晶こんなに綺麗だったっけ?」でした。液晶の解像度は今でも十分通用しそうな位綺麗だと思います。

…うわあ。このメニュー画面懐かしすぎますね…。笑

 

それにしても、この小さい画面サイズで、今から何年も前にタッチパネル操作を実現しているAppleって、やっぱり凄いですね。

 

最近小さめのプレーヤーがちょこちょこと登場していますが、このiPodより薄かったり、この大きさで液晶が付いているモデルは非常に少ないですよね。

基本的に、この様にスワイプ+タップで操作する感じなんですが、これがまたヌルヌル動くんですよね…。上の動画はGifなのでカクついて見えると思いますが、実際はスムーズに動く感じです。

最初の画面からタップして、アルバムやらアーティスト一覧なりから曲を選んで再生…という感じ(当たり前な流れだけども)なんですが、特に引っかかる感じが無いので、2018年に使ってもストレス無く操作出来る印象を受けました。

 

もしかすると、プレーヤーのUIだったり操作性に関しては、この当時からそこまで進化していないからそう感じたのかもしれませんが、なんにせよ久しぶりに使ってみて、自分の中で色々な発見がありました。(^^)

久しぶりに使ってみた感想

サイズ感と背面クリップは今でも秀逸

…もし今(2018年)、このiPodの大容量モデル(64GBとか128GBとか)が発売されたら、普通に欲しいと思う魅力を感じました。…普通にまだまだ現役で使えますねこの子…。

 

物凄く久しぶりに使ってみましたが、今でも、サイズ感、重量感、薄さ、背面クリップ式…私にとってはどれも非常に魅力的でした。(^^)

これ今度から外で使おう…

このiPodは私の私物では無いので、もう少ししたらお返しする感じになるのですが、今回久しぶりにこの子を使ってみたら、普通に外用のプレーヤーとして物凄く欲しくなってしまいました…。どうしよう…。(._.)汗

 

とりあえず音質面は置いておいて、この大きさに慣れてしまうと、もう他のプレーヤーは使えない…では無いですが、それ位自分の中で強烈なインパクトが有りました。…昔使ってたはずなんですけどね…。笑

 

…いやあ、やっぱり欲しいなこれ…。(-_-;)

さいごに

電池が入らなくなったから見てくれ!!…と言われて見てみたら、普通に電源が入って使えました。…そして使ってみたら、久しぶりに欲しくなってしまいました。…ええい!!もう買おうこれ!!(・へ・)

 

だいぶ前のモデルなので今(2018年)買おうとすると、基本的に中古を買うことになると思いますが、Appleのサポートだったり、電池の状態(自分で交換する難易度がやや高い様です)の関係上、あまり人にオススメできる商品では無いのですが、リアルタイムで使ったことがないApple製品好きの方にはグッと来る商品だと思うので、気になった方は是非チェックして見て頂ければ幸いです。

 

※中古を買うのであれば実店舗での購入をオススメ致します。

REVくん

本日は最後までご覧頂きありがとうございました。

それではまた次回!!