【レビュー】FAAEAL Datura-X スチームパンクっぽい雰囲気のインナーイヤー型イヤホンを試す

REVくん

ご覧頂きありがとうございます。REV(@forREV)です。
本日はイヤホンのレビュー(レビュー用デモ)をして行きたいと思います!!

OJISAN

その1:商品について

REVくん

早速ですが…今回レビューする商品は何ですか?
今回レビューする商品は…
FAAEAL Datura-X インナーイヤー イヤホン 高音質 中華イヤホン グラフェンドライバー ダイナミック イヤフォン MMCX コネクター 高コスパ 通勤 通学 運動 ゲーム等 日常用にも対応 Kinboofi (銅色)です。
まずは商品の概要などを詳しく見ていきたいと思います。

OJISAN

※以下AMAZON商品ページより引用

概要

【音質】:本製品はFAAEAL Datura-Xイヤホンです。音質はとても広大な音場が特徴的で、反響感が強く、この反響があることで音場の広さや高域の伸びを良く出来ています。低域から高域にかけてのふり幅もかなり広いです。特に低、中域のバスドラムの胴鳴りの表現は素晴らしく量、質共に優れております

【デザイン 】:イヤホンはインナーイヤー型です。カナル型イヤホンに飽きた或いは苦手の人は気軽いに使えます。人間工学に基づく、高度なノイズ・アイソレーションを実現することができ、耳に負担の無い音量でもパワフルな美しいサウンドを快適に、難聴を心配することなく、長時間聞くことができます。通勤・通学、また更に高度なアクティブな運動をする時、イヤホンが落下する心配がなくなり、静かでよりクリアな音楽を楽しむことができます。

【高い遮音性】:インナーイヤー型の設計により騒音を遮断し、軽量、安定性を兼ね備え。人間工学に基づく、滑り止めとして作用し、通勤・通学、ランニング、また更に高度なアクティブな運動をする時でさえ、イヤホンが落下する心配がなくなり、安心して音楽を楽しみながら自由に動き回ることができる。

【ケーブル】:本体付属のケーブルは柔らかくしなやかな素材が使用されているため取り回しは良好、後々ケーブルに巻き癖が付いたりといった心配もない。超軽量でも耐久性を確保。イヤフォンケーブルには長期使用に耐える。

インナーイヤー型のイヤホンで、バスドラムの胴鳴りの表現/量/質が優れているというのは非常に気になります。…これは試聴するのが楽しみです!!(^^)

OJISAN

仕様

モデル名:FAAEAL Datura-X
ドライバ構成:1DD
インピーダンス:32Ω
音圧感度:105db± 3 db
応答周波数:18Hz-20000Hz
ケーブルの長さ:125cm
マイク無し
本体カラー:銅色/銀色

REVくん

Amazonの商品タイトルの中にMMCXという記載が有りますが、こちらのイヤホンはケーブル着脱不可になりますのでご注意下さい
注意
ケーブルの着脱には対応していません。リケーブル不可です。

その2:商品チェック

箱 (パッケージ)

こちらが化粧箱です。赤い紙テープの様なもので封がしてありました。ちょっと珍しいですね。

OJISAN

REVくん

なんだかいつもの中華イヤホンと化粧箱の感じが違うので、期待が高まります!!(・へ・)

付属品

保証書の様な白い紙が一枚入っていました。黒い小箱の中身も見てみましょう。

OJISAN

REVくん

赤と黒のイヤーパッドが沢山入っていました。イヤーパッドは消耗品なので、これだけの数が付属してくるのはありがたいですね!!(・へ・)
イヤーパッドケーブルクリップ。ドーナッツ型のイヤーパッドも付属しています。

OJISAN

REVくん

セミハードケース。あまり見かけない形状のケースですが、中々使いやすそうです。

イヤホン ( 本体 )

ここからはイヤホン本体を詳しく見ていきたいと思います。

OJISAN

REVくん

ハウジングが金属製で重厚感があります。ちなみに写真で見るよりも実物はそこまで重くないです。

REVくん

ケーブルの質感がハウジングと合っていてカッコいいです。スチームパンクっぽい雰囲気のイヤホンという印象です。
続きまして、ハウジング部分をもう少し詳しく見て行きたいと思います。

OJISAN

REVくん

…ハウジング回転!!(・へ・)
個人的にデザインと質感がたまらないイヤホンという印象です。非常にカッコいいです。(^^)

OJISAN

REVくん

一般的な(プラスティッキーな)インナーイヤー型のイヤホンよりも、全体的に丸みを帯びていて、(個人的には)装着感は良いと感じましたが、装着した際のハウジングの重みが気になる方が多そうな印象です。

その3:感想

イヤーパッド無しでもイケる

私はイヤホンに高音質のみを求めている人では無いですし、普段ブログでレビューする際も、音質面の感想から書き出すことは殆ど無いのですが、今回のDatura-Xに関しては、音質面からどうしても書きたくなる程、好印象なインナーイヤー型イヤホンでした。

 

インナーイヤー型のイヤホンは、基本的にイヤーパッドを装着していない状態だと、音がスカスカになってしまうものが多い印象ですが、(あくまでも私の感覚ですが)Datura-Xはイヤーパッドを装着していない状態でも、音質面で妥協すること無く、音の厚みを感じることが出来る大変希少なインナーイヤー型イヤホンで、初めて試聴した時はちょっとビックリしてしまいました。

 

Datura-Xの音質傾向はウォーム系だと思うのですが、カナル型イヤホンのウォーム系とは違い、全体的にそこまで暑っ苦しい感じやこもった感じがしないのは、インナーイヤー型イヤホンのメリットな気が致します。

 

今まで私が聴いたことの有るインナーイヤー型のイヤホンの中で、Datura-Xが最も高音質なイヤホンかと聞かれたら、間違いなくNOなのですが、普段自分が聴いている音楽を楽しく聞くことが出来るインナーイヤー型イヤホンとして考えると、値段関係なしに上から数えて三本の指に入りそうな、そんなイヤホンでございました。

低価格帯のインナーイヤー型イヤホンという事で、正直音質面はあまり期待していなかったのですが、実際に聴いてみたら超しっくり!!…なイヤホンでございました。

OJISAN

装着感とルックス

先に音質面について書きましたが、装着感とルックス面においても非常に好印象なイヤホンでした。

 

私は出来ればインナーイヤー型イヤホンにイヤーパッドを装着したくない人なのですが、どうしても音質面を考えるとイヤーパッドを装着した方が好印象なものが多く、渋々イヤーパッドを装着してインナーイヤー型のイヤホンを使うことが多いのですが、Datura-Xに関してはイヤーパッド無しの状態で、装着感/音質面共に、大変満足のいくイヤホンでございました。

 

またシンプルで武骨な感じのデザインが個人的にどストライクで、イヤホンというよりも、道具として、モノとして、積極的に使いたくなる良さを感じることが出来ました。

REVくん

…個人的にイヤホンって、服装をかなり選ぶイメージが有るのですが、Datura-Xは、モードな感じのファッションに合いそうだな…とか思ったり。

その4:まとめ

良い所
・ スチームパンク風で武骨なルックス
・ イヤーパッド無しでもスカスカな音にならない
今ひとつな所
・ ハウジングがやや重い
・ 金属製ハウジングなので冬場がしんどそう

さいごに

久しぶりにインナーイヤー型のイヤホンでグッとくる商品に出会った気が致します。

 

感想にも書きましたが、Datura-Xよりも高音質なイヤホンは沢山有ると思うのですが、装着感/音質面/ルックス面全てにおいて自分好みなイヤホンでした。

 

インナーイヤー型のイヤホンはカナル型のイヤホンよりも、装着面で個人差が有るのでオススメし辛い部分はあるのですが、もし気になった方はチェックしてみて頂ければ幸いです。(^^)

REVくん

本日は最後までご覧頂きありがとうございました。

それではまた次回!!