Pota Audio.com はコチラ!!

【レビュー】Panasonic GH4 GH5 G9等で使える デュアルUSB電源ACアダプタキットを試す

REVくん

ご覧頂きありがとうございます。REV(@forREV)です。
本日はPanasonic(パナソニック)のGH4/GH5/G9等で使えるデュアルUSB電源ACアダプタキットのレビュー(レビュー用デモ)をして行きたいと思います!!

OJISAN

その1:商品について

REVくん

早速ですが…今回レビューする商品は何ですか?
今回レビューする商品は…
完全にデコードされたDMW-DCC12 DCカプラ、アップグレードされたバージョンDMW-AC8 PlusデュアルUSB電源ACアダプタキット、PANASONIC DMW-BLF19交換用バッテリー Lumix DMC-GH3/GH3K、 DMC-GH4/GH4K、DMC-GH5 and GH9適用です。

まずは商品の概要などを詳しく見ていきたいと思います。

OJISAN

※以下AMAZON商品ページより引用

概要

この製品は室外撮影の場合で、カメラの長い動作ために、モバイルバッテリーを繋いでカメラに電源供給できるようにデザインされました。新バージョンのダブルUSBケーブルはカメラにより強くて穏やかな電流を供給できます

DMW-DLF19バッテリーを使用するPanasonicカメラに適用します。

Panasonicカメラの適用型番:Lumix DMC-GH3/GH3K DMC-GH4/GH4KDMC-GH5 and GH9

USB入力:5V、2A-4A DC出力:7.2-8.0V。
製品は過充電、過電圧、高温および短絡の保護機能を持っています
12ヶ月保証と品質高いカスタマサービスをご提供いたします、何かございましたら、ご連絡ください

コチラの商品を使用すると、Panasonic GH4/5等で採用されている、DMW-DLF19バッテリーを使用するカメラで、モバイルバッテリーから電源供給する事が出来るようになります。

OJISAN

使い方

ご注意:

カメラが必要な電流により、モバイルバッテリーの使用方法のステップ:

カメラを繋ぐ前、モバイルバッテリがフル状態をご確認お願いします。

オプション1:一つUSBポートのモバイルバッテリー(5v 2a)を繋ぎます。

可能性がある場合:

1.カメラがオンモードにしない場合、3A-4A input をご選択ください。

2.カメラがオンモードの状態だが、写真を撮るとき、すぐオフにするという場合は、カメラは大きい電流が必要、且つ、モバイルバッテリーがカメラーに電気を供給不足なので、質がよくてバッテリーがフル状態の方をご変更ください。

オプション2: 同時に二つUSBポートのモバイルバッテリー(5v 3a)を繋ぎます。

可能性がある場合: カメラがオンモードの状態だが、写真を撮るとき、すぐオフにするという場合は、モバイルバッテリーがカメラーに電気を供給不足なので、オプション3をご覧にください。

オプション3: 同時に二つのモバイルバッテリー(5v 4a)を繋ぎます。

REVくん

…ふむふむ。USB端子が二股になっていて、モバイルバッテリーの仕様によって、USBポートに端子を1つ繋げるか、2つ繋げるか変わってくる訳ですな!!(・へ・)
MEMO
モバイルバッテリー側の仕様(出力や給電可能なUSBのポート数/形状)を事前にチェックしましょう。

その2:商品チェック

パッケージ

それでは商品チェックの方進めていきたいと思います。非常に簡易的なパッケージで届きました。

OJISAN

REVくん

…パッケージは簡易的すぎて、特にこれと言って語るべき点はありませんな…。(・へ・)

説明書 (付属品)

付属品は説明書(的な)のみです。日本語で使い方などが書かれています。大切な事が色々書いてありましたので、もう少しアップで見てみましょう。

OJISAN

REVくん

…なるほど。やはり合わせて使用するモバイルバッテリーのスペックはかなり重要そうですね。また、2台の異なるモバイルバッテリーをそれぞれ繋げることが出来るのも地味に便利そうな予感です!!

デュアルUSB電源ACアダプタキット 本体

ここからはデュアルUSB電源ACアダプタキット本体を詳しく見ていきたいと思います。まずはファサファサ(袋)からDCカプラを取り出します。

OJISAN

MEMO
DCカプラは通常のバッテリーと同じ様に、カメラ本体のバッテリーボックスに入れる(取り付ける)ものです。

REVくん

バッテリーからケーブルがにょきっと生えている感じなんですね。…せっかくなのでDCカプラをもう少し詳しく見てみましょう。
DCカプラはバッテリーの形をしていますが、実際中身は空洞の様な感じなので、バッテリーと比べると非常に軽いです。

OJISAN

REVくん

そしてコチラがDCカプラに繋げるACアダプタ部分です。

この黒いボックス部分で電流を最適化したりしている様ですね。(…あまり詳しくないので専門的な事は分からないです…)

OJISAN

REVくん

DCカプラとACアダプタ部分をがっちゃんこして完成です。

使ってみる

それでは実際に問題なく使うことが出来るのかを試していきたいと思います。今回は私が普段メインで使っているPanasonic GH3で動作検証して行きます。

OJISAN

MEMO
GH3は古いカメラですが、こちらの商品が使えるか使えないかに関しては、バッテリーの型番/形状の問題なので、GH4やGH5などでも問題なく使用することが出来ます。
GHシリーズは、バッテリーボックスの近くに、DCカプラ(ケーブル)をボディーの外に出すための専用の蓋が付いているので、そちらからケーブルを出します。

OJISAN

REVくん

ほほう。カメラ(ボディー)本体からケーブルがぴょろっと生えましたな!!(・へ・)
モバイルバッテリーに接続して準備完了です。…果たして無事にGH3の電源は入るのか…。電源を入れてみたいと思います!!

OJISAN

REVくん

…えいっ!! …お、おお!? おおお!!おおおおおおおーーーー!!(・へ・)
…という事で、無事にGH3とモバイルバッテリーをデュアルUSB電源ACアダプタキットに繋げて使用することが出来ました!! モバイルバッテリーに繋げることが出来ると長時間連続で撮影するシーン等で非常に便利そうですね。(^^)

OJISAN

その3:感想

私は今回のデュアルUSB電源ACアダプタキットにかなり似ている商品を以前から常用しているのですが、それはコンセントから電源を共有するタイプなので、あくまでも室内用といいますか、コンセントがある場所じゃ無いと使えない=屋外で使いにくいというデメリットが有りました。

私は基本的にブログの商品撮影でしかカメラを使わないので、ほぼ室内(屋内)のみでカメラを使用しているのですが、カメラのバッテリー残量を気にしながら撮影するのが私にとっては物凄くストレスなので、普段はコンセントから電源を供給して撮影しています。(私が普段使っている商品へのリンクを下に載せておきます)

OJISAN

これが私が普段使っているもの(完全にコンセントに繋げて使用する事が前提で作られている)なのですが、先日たまたまこれを外に持ち出して屋内で撮影する機会があったのですが、若干重い事と、コンセントからしか電源がとれない不便さを実感致しました。

 

その翌日に、今回のデュアルUSB電源ACアダプタキットを初めて使ってみたのですが、やはりUSB端子から電源供給が可能というのは物凄く便利で、私が普段使用しているコンセントタイプの物よりも軽くて小さいので取り回しも良いしとてもいい商品だと感じた次第です。(^^)

 

恐らく、私の様にACアダプターから電源をとっている方(少数かもしれませんが)でしたら、今回のデュアルUSB電源ACアダプタキットは、かなり刺さる商品だと思いますし、個人的にかなりオススメできる商品でございました。

REVくん

コンセント縛りからの開放…。…フリーダム!!(・へ・)

個人的には特にデメリットな部分は無く、メリットしか感じない商品でしたが、強いて言うならば、例えば…カバンを持たずにスナップ写真を街中でバシバシ撮ったり、ジンバルにカメラを載せて撮影したりする際は、ケーブルなりモバイルバッテリーなりが邪魔になると思うので、それぐらいでしょうかね…。(._.)

 

…でも、そういう使い方はそもそも想定されていないと思いますし(普通にバッテリーを入れて撮ればいい)、大容量の電源(モバイルバッテリー)から電力の供給を受ける事が出来るようになる=長回しが可能になる事によって、撮影の幅や可能性が広がる事が最大のウリの商品だと思います。

特に動画を長時間ずっと撮影しっぱなしスタイルの方(YouTuberさん)にはオススメです。

OJISAN

その4:まとめ

良い所
・ モバイルバッテリーで撮影可能になる
・ 長時間の撮影が可能になる
今ひとつな所
・ 配線がややごちゃっとしてしまう

さいごに

内蔵バッテリーだと若干物足りない→(互換)バッテリー追加購入…も勿論良いと思いますが、カメラを使用する用途/場所によっては、今回のデュアルUSB電源ACアダプタキット+モバイルバッテリーを購入した方が、結果的にバッテリーを複数買うよりも安上がりかもしれないので、気になった方は是非チェックしてみて頂ければ幸いです。(^^)

REVくん

本日は最後までご覧頂きありがとうございました。

それではまた次回!!