Pota Audio.com はコチラ!!

【レビュー】NF AUDIO NF3u “大地”を試す



ご覧頂きありがとうございます。REVです。(´・ω・`)
本日はNF AUDIO NF3u “大地”(DEMO)を見ていきたいと思います。
…正直全く存在を知らなかったブランドの商品なのですが
一体どんな音のするイヤホンなのか非常に楽しみです。
 そんな訳で早速商品チェックの方していきたいと思います!!



  かなりしっかりとした高級感の有る化粧箱です。 しっかりとした重みが有ります。これは開封するのが楽しみです。(*^^*) 化粧箱側面① 化粧箱側面②
 化粧箱側面③ 化粧箱側面④化粧箱背面。仕様などが書かれていました。 それでは早速中身の方見ていきたいと思います。 取り出すとPELICANのケースが入っていました。 一旦ケースを取り出します。
説明不要だと思いますがかなりしっかりとした作りのハードケースです。 ケースの下にも何か入っていました。 こちらも一旦取り出します。中身は以上です。
続いて付属品の方から詳しく見ていきたいと思います。
 一番下に入っていた箱のようなものですが… このような感じで展開すると中に説明書が入っていました。 説明書。 こちらは先程取り出したPELICANのケースです。
ちょっと光沢感の有るピアノブラックの様なカラーでガッチリとした作りです。
 私の感覚だと手に持つとそれなりに重さを感じますし大きさ的にもちょっと大きい印象です。
外に持ち出す際はもう少し軽くて小さいケースに入れて持ち出したい所です。
側面の透明の部分をパチンと開けるとケースが開く仕様です。  ケース側面。後ろ側です。 ケース裏側。 PELICANのケースは地味にお高いですし付属品として付いてくるのは有り難いですね。 先程個人的にちょっと大きいと書きましたが厚みもそれなりに有ります。
 ケースの中にはイヤーピースなどの付属品が大量に入っていました。 色々入っていますね。一旦取り出します。 ケース上蓋の内側もしっかりと緩衝材が貼られています。
 付属品の下にはイヤホン本体が入っていました。
余談ですがかなりギュウギュウに入っていたのでこのケースを使う場合
イヤーピースなどの付属品は別で保管したい印象でした。 中身は以上です。続いてケースの中に入っていた付属品を詳しく見ていきたいと思います。カラビナとイヤホン本体を掃除するクリーニングツール。  イヤーピースは色々な種類の物が付属していました。
まずMサイズのCP100が1ペア。(イヤーピースです) 透明(青軸)のイヤーピース。(S/M/L) 黒(黒軸)のイヤーピース。(S/M/L) ダブルフランジタイプのイヤーピース。(S/M/L) ここからはイヤホン本体を詳しく見ていきたいと思います。
余談ですが袋から取り出した際にハウジングが大きめのイヤホンだな…と感じました。

ケーブルタイはメーカーロゴ入りでした。細かい部分も拘りを感じます。
 広げてみました。高そうなイヤホン感?オーラ?みたいなものが出ていますね…。
高いイヤホンかつリケーブル後の様な強そうな見た目です。(…例えが下手で申し訳ないです)
 プラグはストレートの3.5mm仕様です。太めでかなりしっかりとしたプラグです。 ケーブルの編み込みは非常に美しいですし見た目的にかなり強そうな(!?)仕上がりです。 取り回しは悪くない印象でしたが多少太めの仕上がりなのでこの辺りは好みが分かれそうです。 ケーブルの分岐部分は少し大きめな(一円硬貨位?)のパーツが付いていました。
そしてここもよく見るとNFの文字が!!細部の拘りが凄いですね…。
 ただ個人的にはこの部分がかなり目立つというか大きすぎる印象でした。
厚みも地味にそれなりに有るんですよね…。ちょっと存在感といいますか目立ちますね。後述致しますがケーブルがかなりしっかりとささっていてちょっと抜くのが怖かったので
今回はケーブルを繋げた状態でハウジング部分を細かく見ていきたいと思います。 シェルが透明なので分かりにくいですがやはりハウジングはかなり大きめのイヤホンという印象です。
 フェイスプレートは茶色い木目柄にNF AUDIOの文字で落ち着いたデザインです。
私はあまり派手な装飾のフェイスプレートが好みではないのでシンプルな感じが好印象です。
 フェイスプレート内側はクリアなので中のドライバーや配線が透けて見えます。 イヤーピースを取り外しました。金色のステムが非常に目を引きます。

このステム部分はNF3u “大地”の一番の特徴だと思います。 せっかくなのでハウジング部分のアップの写真を何枚か載せておきたいと思います。 斜め上から…。 斜め下から…。 この角度から見ると分かると思うのですがケーブルのコネクター部分は(恐らく)レジン仕上げで
装着した際にケーブルがやや耳の外側にカーブする様な角度がつけられています。
これは中々興味深いですね。装着感にどう影響するか楽しみです。(*^^*)
 2PIN仕様なのでピンアサインやピン径を載せたい所なのですが
前述の通り今回ケーブルを着脱していない関係で不明でございます…。
一部の方には結構重要な部分だと思うのですが…申し訳ございません…。m(_ _)m
 後ろ側から見るとコネクター部分が外側に傾いているのが良くわかります。 先程も軽く触れましたがステム(音導管)は真鍮製です。
またフィルターは無しのタイプでした。 耳型の登場です。実際に私も装着してみましたが耳孔にビタッとフィットしました。正面から見るとシェルの厚みがやや気になる感じでしょうか。
ただケーブルのコネクター部分の曲がり具合とシェルの形状は計算されて作られていそうです。
 メーカーロゴの主張があまり強くないのもシンプルに見えて良いですね。 個人的にこのコネクター部分の強度は正直ちょっと気になります。
ポキっと2Pin端子部分が折れてしまわない様に慎重に扱いたい所です。 
ケーブルの耳掛け部分は透明な熱収縮チューブタイプでした。
(最初から結構強めのカーブがつけられていました)
以上で商品チェック終了になります。お疲れ様でした。m(_ _)m



今回は私自身かなり久しぶりの多ドラBA型イヤホンという事で自分の中で少し変な補正が
かかっている感じ(久しぶりなので)も否めませんがだとしてもNF3u”大地”非常に気に入りました。

なんといいますか音楽を聴いていて非常に心地が良くて大地という商品名が
非常に合っているイヤホンだなと思いました。(…ちょっとポエム臭い文章ですね)
私の場合イヤホンは装着感が最も重要で
その次に音質が好みかどうかだったりが気になってくるのですが
(一般的には音質が最も重視されるのでしょうが私は違うのです…)
正直フィット感や装着感に関しては見た目から想像がつくと思いますが
ちょっと大きめのシェルでビタっと耳孔にフィットして密閉感を強く感じる様な
タイプだったのであまり私自身好みの装着感では無かったのですが
装着感(私にとっての快適さ)を多少犠牲にしてでもこのイヤホンで音楽を聴きたいな!!
と思わせてくれる良さみたいなものを強く感じました。
こういうイヤホンは私にとって大変貴重です。
一言で言うとNF3u”大地”の音質が純粋に自分の好みだったという事になります。
一応補足しておきますと装着感に関しては私の好みの大きさ/装着感では無かったというだけで
決して装着感の悪いイヤホンでは無いと思いますので悪しからず…。(寧ろ良い方かと)
恐らくもっとお高くて数多くのBAドライバーを搭載した様な機種を常用されている
からするといわゆる解像度だったり音の分離感だったりに不満が出てくるかもしれませんが

私はその辺りをタイトに追求している人では無いですし私にとってNF3u”大地”は
音楽を楽しく聴く事が出来る丁度いい塩梅のチューニング/
バランスの多ドラBA型イヤホンという印象でした。ただ今回のNF3u”大地”に限らず個人的にダイナミック型のイヤホンよりも
BA型(特に多ドラ系)のイヤホンの方がDAPなどの環境によって
音質(音の聴こえ方)が大きく変わってきやすい印象が強いのですが
例えば私がよく試聴の際に最初に利用するノートPC(イヤホン出力端子に直挿し)
の様なあまりオーディオ的に良くないであろう環境でもそこまで不満無く
音楽を聴くことが出来ましたので環境にそこまでシビアにならなくても
ある程度心地よく音楽を聴くことが出来たという点も私は使いやすくて良いなと感じました。
勿論ちゃんとしたDAPやアンプ等に繋げた方がいい結果は得られると思いますが…。
シェルの大きさがもう少し小さくて装着感が自分好みだったら
全体的に面白いというか拘りを感じる様な完成度のイヤホンという印象でしたし
昨年(2017年)自分が聴いたイヤホンの中でトップ10に入るレベルで
気に入ったイヤホンだっただけにその部分は非常に惜しいというか残念でございました。



それにしてもNF3u”大地”…商品名とても良いですよね。
冒頭でも書きましたが全く知らないメーカーさんの全く知らないイヤホン
(…すみません)でしたが蓋を開けてみたら非常に興味深いイヤホンでございました。
私自身2017年(昨年)に入ってから現在に至るまで基本的にダイナミック型のイヤホンばかり
使っている事もあって多ドラBA系のイヤホンを使う/聴く事が少なくなってしまっているのですが
久しぶりに多ドラBA系のイヤホンもいいな…と思わせてくれる素敵なイヤホンでございました。
NF AUDIOさん…お名前…しっかりと覚えましたです!!(*^^*)
それではまた次回。