今日の一言「おじや」

【レビュー】Marshall MONITOR Bluetooth BLACKを試す



ご覧頂きありがとうございます。REVです。(´・ω・`)
今回はMarshall MONITOR Bluetooth BLACK(DEMO)について見ていきたいと思います。
以前同じくMarshallのBluetoothヘッドホンMID Bluetoothもお借りして試聴させて頂きましたが
非常に完成度が高くデザインも素晴らしい/Marshallらしさの有る完成度の高い製品でしたので
今回のMONITOR Bluetooth BLACKも非常に楽しみでございます。
Bluetoothヘッドホンにも関わらすMONITOR(モニター系?)というのも非常に興味深いですね…。
果たして…。

[blogcard url=”https://rev69.com/archives/1440″]


 化粧箱正面。海外製品だな!!とひと目で分かるお洒落なデザインですね。 化粧箱背面。
英語が読めなくても一目見ただけでなんとなく操作が分かる図が素晴らしいですね…。 化粧箱側面① スペック等が書かれています。 化粧箱側面② ヘッドホンが入っている化粧箱としては厚みはありますが少し小さめな印象です。 スライドさせて中身の方取り出して見ていきたいと思います。MONITORと書かれた黒い厚紙をめくりあげると…  折りたたまれた状態のヘッドホン本体が入っていました。 ヘッドホン本体を取り出しました。更に下に何か入っているようです。 ヘッドホン本体の下にはケース(中に付属品入り)が入っていました。
まずは付属品から一つずつ見ていきたいと思います。
 こちらはヘッドホン本体のイヤーパッドの間に挟まっていた紙です。
クイックスタートガイド的な物だと思います。図解が非常に分かりやすいですね。
 保証書。(日本語表記) ユーザーマニュアル。しっかりとした厚手の冊子です。 多言語に対応したマニュアルですが日本語表記も有りましたので安心です。
 ヘッドホンケース…というか袋といった方が正しいと思います。
ポータブルを意識して(!?)いるのかセミハードケースの様なガッチリとした物ではなく
布製のカジュアルな袋といった印象でMarshallロゴ入りです。
(写真よりも実物のほうが安っぽく感じない仕上がりだと思います)
MONITOR Bluetooth本体も無理なく入る大きさです。出し入れもしやすいと思います。
MONITOR Bluetoothを入れて紐をなんとなく縛ってみました。いい感じです。
 左:充電用のmicroUSB-USBケーブル 右:有線接続用の3.5mm-3.5mmケーブル
USBケーブルはかなりしっかりとした作りで付属品の域を超えている印象です。 プラグ部分にはMarshallのロゴが入っていたりMarshall感を強く感じる仕上がりになっています。
今の時代充電用のUSBケーブルは既に何本も皆さんお持ちだと思いますが
MONITOR Bluetoothを充電する時はこのUSBケーブルで充電したくなりますね。
こういう細かい部分も本気でモノづくりされている姿勢は本当に素晴らしいです。(*^^*)
 そしてこちらの有線接続のケーブルもMarshallらしさ溢れる素晴らしい仕上がりになっています。
 ヘッドホン用のケーブルというよりもギターのシールドの様な雰囲気を感じます。
一部カールコード仕様になっている辺りが私はまたそそられます…。
ケーブル自体の取り回しは良好です。ササっと綺麗にまとまる感じです。
MONITOR BluetoothはBluetoothで使うのがメインだと思いますが有線接続もしたくなりますね。
 ここからはヘッドホン本体を見ていきたいと思います。
化粧箱から取り出した状態です。(折りたたまれています)
 この状態で手のひらに置いてみるとこんな感じです。
ここまでコンパクトにすることが出来ればポータブルも問題なさそうですね。
 まだ折り畳んだ状態ですが全体的な質感の高さがこの時点で伝わってきます…。 ハウジング部分をくるりと回しました。ややこぶりなヘッドホンだと思います。
 物凄く軽いヘッドホンでは無いかなという印象です。良い意味である程度の重みを感じます。
ヘッドホン側面① くどいですがMarshall感が溢れ出ています。 シボ加工されたハウジングにMarshallロゴがはえますね。モダンな感じです。 充電用のmicroUSB端子と有線接続用の3.5mmジャックが有ります。
3.5mmジャックですが付属ケーブル以外を接続する場合使用するケーブルのプラグが太いと
ハウジング(段差部分)と干渉して上手く刺さらない可能性が有りそうです。

 付属の3.5mmケーブルを接続してみました。付属のUSBケーブルを接続してみました。ヘッドホン側面② 各種操作用のジョイスティックが付いています。 遠目で見るとただのボタンに見えますが上の写真の様にジョイスティックになっています。このジョイスティックを左右上下+クリックする事によって各種操作することが可能です。
しっかりとしたクリック感があって慣れてしまえばブラインドで各種操作が可能かと思われます。 イヤーパッドはあまり厚みがないタイプです。かなり薄い方だと思います。 人によると思いますが大きさ的にオンイヤー(耳を完全に覆わない)タイプなので
耳の上にイヤーパッドが
ポンっとのっかるような装着感になりますので装着感に関しては好みが分かれそうな印象です。

因みに私は眼鏡を常用している事もあってオンイヤータイプが昔からやや苦手です…。
この様に指で摘んでみると分かるのですが(私の感覚だと)THEオンイヤータイプのイヤーパッドだな!!
という印象で装着した時にフカフカ/もっちりな気持ちの良いイヤーパッドではありませんでした。
せめてもう少し厚みが有れば良かったのですが…うーん…。
 ヘッドバンドを伸ばしてみました。(左右それぞれ別に最長/最短の状態)ヘッドバンドから左右のハウジングへのケーブルはカールコード仕様です。
またヘッドバンド内側のL/Rの金色のパーツが非常にカッコイ良かったです。
以上で商品チェック終了になります。お疲れ様でした。m(_ _)m



まず一番重要なことを最初に書いておきたいと思うのですが
私自身「Marshall」というブランドに対して基本的にいいイメージしか持っていません。
(私の中でMarshallは老舗とか間違いないメーカーとかそういう位置付けです)
なのでMarshall好き人間の感想という前提でお読みいただければ幸いです。

今回のMONITOR Bluetoothですが全体的なクオリティーは流石としか言い様がありませんでした。
ヘッドホン本体の仕上がりは勿論のこと化粧箱や付属品も含め非常に満足度の高い
所有欲を満たしてくれる素晴らしい商品だと思います。(前回のMID Bluetoothも同様でした)
この様に手に持った際に何とも言えないモノとしての魅力を感じる事が出来たので
お借りしている期間中は気がつくと手にとってグルグルグルグル眺めていたりしました。笑
私の感覚だとなんでもそうですが金色(GOLD)は非常に難しい色というイメージが強いのですが
MONITOR Bluetoothでは非常に効果的に金色のパーツが使われていて
独特の渋さ/モダンな感じを
醸し出していて何度見ても飽きの来ない良さを感じました。
とにかくMarshall好きには堪らないヘッドホンだと思います。私は基本的にヘッドホンを外に持ち出すという習慣が全く無いのですが
この様に折り畳んでコンパクトにする事が出来るのでこの位の大きさなら

(今回はデモ機なので持ち出しませんでしたが)外に持って行く気になるかな…という印象でした。
使用する時にいちいちハウジングをくるりと回転させるのが面倒に思えるかもしれませんが
私の場合面倒に感じるどころかさあ音楽を聴くぞ!!という感じがして逆に良かったりもしましたし
この折りたためる仕様に関してはかなり好印象でした。
…とここまでは基本的に良いことばかりを書いて参りましたが…

私の感じた今ひとつだなと感じた部分も書いておきたいと思います。
それは何かと言いますと…「側圧」です。残念ながら私にはちょっと側圧が強すぎました。
MONITOR Bluetoothはオンイヤータイプ+側圧がかなり強めのヘッドホンという印象で
私の様に頭が大きい方や眼鏡を常用されている方だと長時間の装着はかなり厳しいと思います。
なんと言いますかそもそも日本人の頭/顔のサイズにあまりあっていないヘッドホンという印象で
私の感覚だと装着感は正直な所あまり良くない部類のヘッドホンだと感じました。

ヘッドバンドの長さは写真で見るよりも実際はかなり余裕があって最大まで伸ばせば
多くの方が十分(やや大きすぎる)過ぎるであろう長さは確保されているのですがとにかく側圧が
強めなので人によって/頭の大きさや形によって好き嫌いが真っ二つに別れる気が致します。

(逆に顔が小さい方や女性の方なんかには丁度いいサイジングかもしれません)
なのでMONITOR Bluetoothは出来れば試着してからの購入をお勧め致します。

動作の安定性に関しては前回のMID Bluetooth同様非常安定していました。
各種操作のもたつきも感じずストレス無く使用することが出来ました。
昨年辺りからBluetooth製品を試す機会が増えてきましたが
最新のBluetooth規格に対応しているからといって使ってみると必ずしも使用感が良いという訳では
無くて
結局その辺りはメーカーさんの作り込みや技術力の差が出てくるのかな…とか
勝手に思っていたりするのですが
MONITOR Bluetoothに関しては
スペック通りの速度だったり安定性だったりを
キチンと体感することが出来ました。

最後に音質面に関して簡単に書いておきたいと思います。
まずMarshallから想像される音質傾向(ウォームな感じ)というよりも

すっきりさっぱり目の音質傾向である程度何にでも合いそうな音質傾向だと感じました。
また商品名がMONITORという事でいわゆるモニター系の音質傾向(音楽鑑賞にはあまり向かない感じ)
想像していたのですが私の感覚だと音楽鑑賞していてもつまらない音に感じないタイプの
モニター系ヘッドホン(脱色系と言われるものではなく)という印象でございました。
今風といいますか恐らく万人受けするであろう使いやすい音質傾向のヘッドホンだと思います。
これからBluetoothヘッドホンデビューされる様な方は非常に使いやすい音質傾向の
ヘッドホンだと
思いますが逆にこれといって特徴の有る(オンリーワンな/かえのきかない)
音質傾向のヘッドホンでは
無いと思うので既に何本もヘッドホンをお持ちの方や使い分け派の
方々からすると
MONITOR Bluetoothは逆に器用貧乏な感じになってしまうかもしれません。
個人的には装着感の問題さえクリア出来ればかなりお勧めできるBluetoothヘッドホンなので
Bluetoothヘッドホンを検討中の方には是非候補に加えて頂きたい商品でございました。


流石Marshallと言ってしまうとちょっと偏った感じに聞こえてしまうかもしれませんが
私の感覚だと流石Marshallという表現が一番しっくりくるBluetoothヘッドホンでした。
感想でも書きましたが側圧がやや強めだと私は感じたので
出来れば試着してからの購入をオススメ致します。

(私の様に頭/顔が大きめの方で特に眼鏡を常用されている方は長時間の装着は厳しいと思います)
飽きの来ないモダンなデザインと男心をくすぐる仕上がりで所有欲を十分に満たしてくれる
ヘッドホンだと思うので
もし気になった方は是非実機の方をチェックして見て頂ければ幸いです。

それではまた次回。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です